SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Date Night / デート&ナイト (2010)

Cast >> Steve Carell (Phil Foster), Tina Fey (Claire Foster), Mark Wahlberg (Holbrooke Grant), Taraji P. Henson (Detective Arroyo), Jimmi Simpson (Armstrong), Common (Collins), William Fichtner (DA Frank Crenshaw), Leighton Meester (Katy), J.B. Smoove (Cabbie), James Franco (Taste), Mila Kunis (Whippit) ...
Director >> Shawn Levy
Writer >> Josh Klausner
Producer >> Shawn Levy
Genre >> Comedy

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 4

This is how to make comedy!
フィル・フォスター(スティーブ・カレル)とクレア(ティナ・フェイ)はニュージャージーに住むごくごく普通の夫婦で、週に一度の夫婦のみで出かける「デートナイト」もお決まりの儀式にようになっていた。しかし友人のおしどり夫婦が離婚することを知り、フィルもクレアも変化を求めていた。クレアがとびっきりのお洒落をした日、いつもは全く違うデートにしようとニューヨークまで出て、一番有名なレストランに出かけたが、満員で入れなかった。しかし2人で予約していた「トリプルホーン」夫婦が現れない事を知ったフィルは、その名前を騙り、2人で食事をするが、2人の男が一緒に来るように言われついて行くと、トンでもないデートの夜が始まったのだった...

スティーブ・カレルとティナ・フェイの豪華コメディコンビによる作品。コメディのゴールデンカップルの誕生である。2人は息ぴったりでこの上ないコンビを演じている。どことなく昔からのきっちりしたコメディの基本や王道を感じつつも、豪華な共演陣たちが新しさを演出していて新鮮である。主役の2人の台詞も動きも面白い。捨てシーンが無い程に笑いがちりばめられている。そしてマーク・ウォールバーグとジェームス・フランコが出てくる度に面白くて笑ってしまう。とてもいいキャスティングだった。そしてウィル・アイ・アムも笑ってしまう。

絶対に一度じゃなくて何度も観てしまいたくなる作品。コメディはこうやって作るんだ!と思わせる。

(12/11/10:DVDにて鑑賞)