SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Exodus of Charlie Wright / 日本未公開 (2010)

Cast >> Aidan Quinn (Charlie Wright), Andy Garcia (Jorge Garza), Mario Van Peebles (ent Hobbs Danny Pino (Gabriel Garza), Claudia Ferri (Mary), Luke Goss (Damon), Gary Daniels (Michaels), Gina Gershon (Mariel Garza), Bokeem Woodbine (Miller) ...
Director >> R. Ellis Frazier
Writer >> R. Ellis Frazier
Producer >> R. Ellis Frazier, Jacov Bresler, Geoffrey Ross
Genre >> Crime

総合ポイント >> 3.75/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Vanished
ロサンジェルスで億万長者となったチャーリー(エイダン・クイン)は、FBI捜査官ホブス(マリオ・ヴァン・ピープルス)に追われ、エレベーターで一緒になった。会社ビルから出たところで逮捕しようとしていたが、何十人もが見守る中で、チャーリーは忽然と消えてしまった。チャーリーはねずみ講で11兆ドルを手に入れ隠し持っていたのだった。チャーリーは昔の恋人を探し、メキシコ国境の町ティフアナに居た。しかしFBIに加え、以前騙した依頼主やメキシカンギュングがチャーリーを追っていた。

メキシコを舞台にした渋いクライムサスペンス。FBI捜査官のマリオ・ヴァン・ピープルスに加え、メキシカンギャングのボスを演じているアンディ・ガルシア、殺し屋にはルーク・ゴスとボキーム・ウッドバインという豪華なラインアップで、詐欺師エイダン・クインを探し回る。隠れるのは下手で割りとアッサリと見つかるが、この詐欺師はなぜか忽然と消えてしまう。マジシャンのように。面白いが映画過ぎる。突然昔の彼女を追うのも意味不明。お金がある時に追ってあげればいいのにと思ってしまう。そしてラスト。釈然としない。しかし演技はそれぞれいい演技を見せてくれている。

何か釈然としないものが残る。その思いもチャーリーと共に消えてしまえばいいのに。

(12/09/10:DVDにて鑑賞)