SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Stomp the Yard 2: Homecoming / 日本未公開 (2010)

Cast >> Collins Pennie (Chance Harris), Pooch Hall (Dane), Tika Sumpter (Nikki), Stephen "tWitch" Boss (Taz), Terrence J (Ty), Kiely Williams (Brenda), Jasmine Guy (Janice), David Banner (Jay), Keith David (Terry Harris), Teyana Taylor (Rena), Lamar Stewart (Wynn), Columbus Short (DJ Williams) ...
Director >> Rob Hardy
Writer >> Albert Leon, Meena Payne
Producer >> William Packer, Columbus Short
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 3.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 3 Direct >> 4 Music >> 3

Not feeling
チャンス(コリンズ・ペニー)は父(キース・デイビット)のレストランを手伝いながら地元のトゥルース大学に入った。フラタニティ「セタ・ニュー」のメンバーになり、週末に行われるホームカミングでのステップコンテストで優勝させる事を目標にしていた。しかしその前にストリートで行われたダンスコンテストに参加し、町の悪であるジェイ(デビット・バーナー)を怒らせてしまい...

予想を上回るヒットをした前作の「ストンプ・ザ・ヤード」。黒人映画砂漠地帯の日本でも無事に劇場公開された事からも、その前作の人気を物語っている。以前から存在しているアメリカの大学に存在するフラタニティスパイク・リーの映画「スクール・デイズ」でも御馴染みだ。そのフラタニティの規律を取る意味で存在するステップ。そこに目を付けたのが前作で、ダンスと青春映画の要素を上手く取り入れてヒットしたと私は思っている。昔から存在する黒人ダンス映画のほぼ9割が前作以降はステップ映画になってしまった程。
今回も前作と殆ど変わらない。そのプロットもほぼ似ていて、主役がコロンバス・ショートからコリンズ・ペニーに代わっただけにも思える。しかしヒットした前作から比べると、明らかに何かが足りない。この映画を再びヒットにさせる何かが足りなかった。それは明らかに前作とは違う若者を引き寄せる新鮮なストーリー。確かにMTVやBET世代の若者には分かりやすい単純明快なメロドラマではあったが新鮮さが足りなかった。

ステップはダンスとは明らかに違うという。規律と整える意味での息の合ったビートが見る者を感動させるステップ。今回はそれを上手く感じ取ることが出来なかった。

(9/27/10:DVDにて鑑賞)