SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Trois 2: Pandora's Box / 日本未公開 (2002)

Cast >> Michael Jai White (Hampton Hines), Monica Calhoun (Mia DuBois), Kristoff St. John (Victor Dubois), Joseph Lawrence (Detective Anderson), Tyson Beckford (Lance Racine) ...
Director >> Rob Hardy
Writer >> Gregory Ramon Anderson, Rob Hardy, William Packer
Producer >> William Packer
Genre >> Thriller

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 3

Real women choose own destiny
ランス(タイソン・ベックフォード)とタミー(クリステル・ウィルソン)は幸せな夫婦だったが、ランスは何者かに殺された。現場に駆けつけた刑事達がタミーに話を聞こうと近づいたところ、タミーを興奮させていしまい、拳銃を奪われた。そんな時に来たのが、精神科医を勉強中で警察で働いているミア(モニカ・カルホーン)だった。6ヶ月が経ちタミーは病院を出て、精神科医として活躍していたミアにカウンセリングを受けるようになる。ミアはヴィクター(クリストフ・セント・ジョン)と結婚していたが、ランニングで男性(マイケル・ジェイ・ホワイト)を見かけるようになり...

パンドラボックス。開いちゃいけない箱の事。前作から微妙に繋がっている。前作が男性の欲望なら今回は女性の欲望。だと思って見ていたら、やっぱり男性の欲望なのである。男性の欲望は性だけじゃない。そして前作よりもよりセクシー。前作では控えめだった部分もより大胆になっている。そして前作同様に最後はかなり捻ってあって観客の想像力を上回っている。前作に比べると女性の方がスマートに描かれていて、男の悲哀が漂う。映画の中で誰かが言ってた。「本物の女は自分の運命を選ぶものだ」と。でも誰もが楽しめるような作品では無いし、現実的でも無ければ、芸術的でももちろん無い。でも何かが心に引っ掛かる。

そうだ、私も開けてしまったんだ。

(8/27/10:DVDにて鑑賞)