SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The A-Team / 特攻野郎Aチーム THE MOVIE (2010)

Cast >> Liam Neeson (Col. John 'Hannibal' Smith), Bradley Cooper (Lt. Templeton 'Faceman' Peck), Quinton 'Rampage' Jackson (Sgt. Bosco 'B.A.' Baracus), Sharlto Copley (Capt. 'Howling Mad' Murdock), Jessica Biel (Lt. Sosa), Patrick Wilson (Lynch) ...
Director >> Joe Carnahan
Writer >> Skip Woods, Michael Brandt, Derek Haas
Producer >> Ridley Scott, Tony Scott, Jules Daly, Stephen J. Cannell

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Vietnam to Iraq...
彼女のように大事にしている車を取り戻したB.A.バラカス(クイントン・”ランページ”・ジャクソン)はメキシコの荒地を走っていた。いきなり銃を持った男に車をハイジャックされ、仕方なく言われた通りに向かう途中、男がジョン・ハンニバル・スミス(リーアム・ニーソン)で、同じレンジャー部隊のタトゥがあるのが分かり一緒に助ける事になった。ハンニバルは仲間のフェイス(ブラッドリー・クーパー)の救助に向かっている途中だった。2人はフェイスを間一髪で救出し、怪我したバラカスの為に病院に立ち寄った。そこで一風変わったマードックシャールト・コプリー)に出会い、彼は病院の輸送用ヘリコプターで犯人を追い、見事任務を遂行した。8年後、彼等Aチームはイラクでの任務を与えられたが...

80年代のアメリカの伝説的な番組「特攻野郎Aチーム」の映画化である事は誰もが知る通り。割りと当時から日本にやってきていたアメリカのTV番組は見ていた方なのだが、こんなに有名なこの番組だけそんなに記憶が無いのだ。見た事はある。記憶にも残っているし、コングが...というよりミスターTが飛行機嫌いというというのは鮮明に覚えている。しかしこの番組への愛着の無さが、今回は好転したかもしれない。キャラクターに思い入れがない分、すんなりとこの映画版は受け入れることが出来た。というのも、実際にテレビ版で演じていた俳優達がこの映画版には辛辣なコメントをしているのを知っている。もし愛着があれば、「あそこがテレビ版と違う」とついつい比べたくなるものだ。私には普通のアクション映画として見れた。4人の結成から活躍までと4人それぞれの個性を見事短い時間にまとめているのも見やすい。

ベトナムで苦しんだアメリカが作り出したのが80年代の伝説Aチーム。そしてこのタイミングでAチームがまた結成され、舞台をイラクにしている所を見ると、今のアメリカはこのようなアメリカでは昔から好まれる型破りなヒーローの登場を待っているように痛烈に感じた。Aチームの強さ故、アメリカの弱さが見えてくるようだった。Aチームはその位時代を象徴しているのだ。

(8/2/10:劇場にて鑑賞)