SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Preacher's Kid / 日本未公開 (2009)

Cast >> Letoya Luckett (Angie), Kierra 'Kiki' Sheard (Litha), Clifton Powell (Ike), Essence Atkins (Peaches), Tank (Devlin) ...
Director >> Stan Foster
Writer >> Stan Foster
Producer >> Stan Foster, Marc Bienstock, Richard J. Cook, Matthew Crouch
Genre >> Drama

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 5

A Heartfelt Preacher's Song
21歳になるアンジー(ラトーヤ・ラケット)は牧師の父(グレゴリー・アラン・ウィリアムス)に厳しく育てられた。アンジーは教会でクワイアのリードを担当し、小さい頃からゴスペルアルバムを出す事が夢だった。教会でピアノと演奏のリーダーをしているウェイントン(シャリフ・アトキンス)は幼馴染で、アンジーに思いを寄せていた。そんな中、町にゴスペル劇団がやってきて、主役で有名なシンガーであるデブリン(タンク)に偶然会い、アンジーは気に入られてその舞台の代役として旅をする事になったが...

最近、黒人向けのゴスペル映画は星の数ほど存在するが、良い作品となるとその数はグンと減る。タイラー・ペリーから始まったこのブームは終わりを知らない。その中で出てきたのが、デスティニーズ・チャイルドを辞めさせられた(?)ラトーヤ・ラケット主演のこの作品。あのような形でグループを脱退したにも関わらず、逞しくもソロとして復活した女の子だ。その彼女がデスティニーズ・チャイルドのメンバーが出演した映画の中で、主役として一番輝いている。あのビヨンセだってこの役は無理だったと思う。多分浮く。ラトーヤの少し地味目な部分が、この映画では上手く作動したようだ。映画はゴスペル映画らしく、聖書の物語を現代風にアレンジ。少しメロドラマ調ではあるが、全然飽きさせない。そしてちゃっかりオリジナルのタイラー・ペリーの批判を入れてみたり、逆にペリーに習ってコメディカルに仕上げているので見やすい。最後のオチは最高だった。

これなら日曜学校とかに飽きを感じているティーンの子達でも最後まで釘付けで見る事になるだろう。いや、いい年した私だって釘付けになった。想像よりは面白い。そして見やすいゴスペルロマンス映画。

(7/17/10:DVDにて鑑賞)