SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

26歳

デーモン・ウェイアンズ先生の「Red Hats」が読みたい...というデーモンへ異常な愛の故、借りていた本をもうダッシュで読んだ。いや、かなり面白くてページが進んでしまったというのが本当かも。

年齢学序説

年齢学序説

成功した人々は26歳の時にその成功の元になる何かを始めているという論文。となると、26歳をとっくに過ぎている普通の大人は、自分の26歳の頃を思い出してしまうものです。でも、普通の人々の一人である私は26歳に何もしてなかった...と思ったのだけど、17歳で初めて観光で訪れたアメリカに、26歳で初めて住みはじめていた。確かにあそこで何かまたゼロから人生をやり直した感を26歳で感じていた。私も何か「アメリカ」と関係する大物になれるのかしら?おほほ。次の楽しみは38歳。まだちょっとだけ時間があるので、完璧に充電してパンパンにしておこう。と、実は博多大吉が福岡時代に謹慎していたと聞いて、何度か必死にそれについて調べた事があるんだけど、ネットで答えは見つからなかった。今回は本人がそれについて触れている。そういう事だったんだ。あの章は漫才コンビを感じる泣ける章。文章もらしい感じで真面目ながらも、かなり笑った。チュートリアル分析は納得。なるほど。福ちゃんへの配慮が笑った。
あ、そのチュートリアルの今日のいいともは凄かった。徳井が見事に福田を読んだ。ああいう所が漫才コンビなんでしょうね。

ちなみにブラックムービー界における26歳を調べてみた。

シドニー・ポワチエとかパム・グリアも調べたが、26歳説には当てはまらず。でも探すと何か出てきそう。オスカー・ミショーとかデンゼルとかビックリだし。これからも調べてみよう。

という訳で、デーモン・ウェイアンズ先生の本を早速読み始めた。うふふ... この爺さんも凄いぜ!デーモン爺さんの26歳はあの「サタデー・ナイト・ライブ」を首になったのが26歳だ。しかし、この経験で感じた不満が後に「イン・リビング・カラー」で晴らした事を考えると、26歳説は説得力あるかもしれない。