SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Playas Ball / 日本未公開(2003)

Cast >> Allen Payne (Cedric Tinsley), Elise Neal (Summer), Anthony 'Treach' Criss (Ricardo), Chelsi Smith (Jill), Tracey Cherelle Jones (Natasha), MC Lyte (La Quinta), Tasha Smith (Vonda), Jackie Long (Georgie) ...
Director >> Jennifer Harper
Writer >> Jennifer Harper
Producer >> Kimberly Ogletree

総合ポイント >> 3.25/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 4

Bad Penetration
セドリック(アレン・ペイン)は人気のあるプロバスケットボール選手だった。同棲中のモデルの彼女ジル(チェルシー・スミス)が居たが、どこへ行っても女性の方から寄ってくる程にモテた。そんな中、見知らぬ女性からセドリックの子供を妊娠したとの連絡が入り、セドリックの幼い頃からの友人で今はセドリックの広報を担当しているサマー(エリス・ニール)が支えるが...

アレン・ペインには究極のラブストーリー「Jason's Lyric」という作品がある。アレン・ペインとラブストーリーと聞いただけで、ついついまた期待してしまうのだ。
所がこの作品は洞察が鈍い。コービー・ブライアントレイプ疑惑問題のように、華やかな世界には裏がある。それに群がる人々... 特にNBAには巨大がお金が動くので、それに群がる人々の想像を絶する世界を描こうとしているが、やはり洞察が鈍いのである。色々な物をつまらなく詰め込もうとし過ぎているからだと思う。元選手で今はコックの2人の親子とか、行儀の悪い従姉妹と友人とか、全然ストーリーにもキャラクターも生かされていない。またストーリーも幼稚ですぐにラストが想像出来てしまう。

アレン・ペインをどう生かすのか?生かしたのが「Jason's Lyric」、殺したのがこの作品。その洞察力がイマイチであった。

(11/30/08:DVDにて鑑賞)