SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Cover / 日本未公開 (2008)

Cast >> Vivica A. Fox (Zahara Milton), Louis Gossett Jr. (Detective Hicks), Aunjanue Ellis (Valerie Maas), Patti LaBelle, Leon (Ryan Chambers), Paula Jai Parker (Monica Wilson), Roger Guenveur Smith (Kevin Wilson) ...
Director >> Bill Duke
Writer >> Aaron Rahsaan Thomas, Aliya Jackson
Producer >> Bill Duke, Warren Kohler, Corey Redmond

総合ポイント >> 3.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 3

Cover up
ヴァル(アンジャンヌ・エリス)は、殺人事件の容疑で捕まり、動機や証拠にアリバイ不十分の為に有罪は免れないと聞かされた。ベテラン刑事のヒックス(ルー・ゴセット・ジュニア)はヴァルの話を聞き始めた。ヴァルと夫のダッチ(ラズーク・アドティ)は、娘に恵まれ医者という仕事にも恵まれて幸せだった。2人がアトランタからフィラデルフィアに引っ越してきた事で、ヴァルの人生は変わってしまう...

サスペンスです。最初から全員が犯人じゃないか?と怪しみながら、見てしまう。みんながみんな怪しい。面白いのが、普通は殺された被害者は最初から映画の中でも明らかにされていると思うのですが、この映画は被害者も分からない。分かるのは、ヴァルという女性が殺人容疑で捕まっている事だけ。全ては最後の10分まで被害者も加害者も分かりません。そこまで引っ張るので、中々引き込まれていく感じがした。そして、エイズというサブジェクトも出てくる。またDLという新しい事柄にも触れる事が出来る。
また黒人の成功者というのは今でこそ珍しくないけれど、成功するまでではなくて、成功してから壊れていくというのは珍しいと感じました。

親からの期待に応える息子という姿、いい夫という仮面、タフで女好きの男、すべてをカバーしようとして始まった嘘が脆く壊れていく。ただなぜか全ての事が深いドラマに見えなかったのが残念ではある。

(7/31/08:DVDにて鑑賞)