SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

War/Dance / ウォー・ダンス (2007)

Cast >> Nancy, Dominic, Rose ...
Director >> Sean Fine, Andrea Nix
Writer >> Sean Fine, Andrea Nix
Producer >> Sean Fine, Andrea Nix
Genre >> Documentary

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 5 Music >> 5

Smiled beautifully
ウガンダの北部にある小さな町パタンゴで未だ政府と反政府武装勢力の間の戦いで、反政府軍神の抵抗軍(LRA)の拉致などの恐怖に怯えながらキャンプで暮らすアチョリ族のナンシーとドミニクとローズの3人。彼らはまだ幼く13~14歳だった。彼らはウガンダの全国音楽大会に出場する事になった。それぞれの事情を抱えながら首都カンパラに向かう...

美しい。ウガンダの風景、子供達の踊る姿、子供達の演奏する姿、子供達の歌う姿、そして子供達の笑う姿。それらが絶妙な色と角度でフィルムに残っている。3人の少年少女がそれぞれに異なった事情を抱えている。両親を亡くした者、兄弟を亡くした者、一時は反政府軍に囚われて人を殺さなければならなかった者、そこから逃げた者、両親を亡くしたので世話になっている叔母の家でこき使われている者... 10代ではきつい事情ばかりだ。それでも彼らは歌う事、演奏する事、踊る事で子供に戻る。しかしそんな彼らも、やはり大会での成功を手に入れて、将来に繋げたいという大人顔負けの野望もある。それでも久々に会った母親の前で号泣したり、友達と池で水遊びをしすぎたり... 子供と大人である部分がアンバランスで余計に見る者の心を奪う。

大会での演奏中に彼らは無理に笑顔を作る。大会で優勝したいという気持ちが大人的な笑顔になる。でも時折見せる普段の笑顔が最高に美しい。そしてそれが我々を夢中にさせる事になる。

(5/14/08:DVDにて鑑賞)