SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Hav Plenty / 日本未公開 (1997) 147本目

映画本編よりもそのサウンドトラックの方が断然に有名な作品の1つ。ベイビーフェイスからジェイZ、Az Yet、ブラックストリートにフェイス・エバンス、そしてエリカ・バドゥまで... 凄い顔ぶれです。サウンドトラックを持っているけれど、映画を見たことない人が沢山いる事でしょう...

いやいや、映画も中々面白いんですよ。クリストファー・スコット・シェロットという人が監督・脚本・主演という3つ全部やってしまっている作品です。この頃は、こういうインディのロマンス映画が多かったんですよね。所謂「Menace II Society」とかのギャング映画から「Jason's Lyric」とか「Love Jones」とかロマンス映画に時代が移ったのもあるのかもしれないです。インディでも数多くのロマンス映画がありましたね。その中でも才能を発揮していたのが、このクリストファー・シェロットでした。そのシェロットの実体験を元に作られた作品。どこまでが本当でどこまでが映画の為に作ったのか... ラストになると、本当に現実なのか、何なのか?分からなくなりますよ。そういう面白さのある作品です。だって、実際に映画を気に入ってプロデュースについたベイビーフェイスとトレイシー・エドモンズが、映画でもカメオ出演してます。でもプロデューサー役なんだけど、役名が違う...みたいな。映画の構成自体が実験的というか、面白いんです。ありがちなロマンスものだなーと思っていても、最後には引き込まれてしまうでしょう。何かドキドキする可愛いくてチャーミングな映画なんです。

実際にクリストファー・シェロットが惚れた女性はどんな人なんだろう??と検索してみたのですが、名前を入れると結婚した記事がニューヨーク・タイムスにありました。シェロットじゃなくって別の人とでしたが... なんか残念。残念ながら写真は見つからなかったけれど、オバマ支持者とまでは分かりました(笑)。でもその彼女のお母さんが元市長さんという事で、お母さんの写真は見つけました。ここ。このお母さんが凄い人なんですよ。このお母さんの凄さを頭に入れておくと、映画がまた別の意味でも面白く感じられるかもしれないです。

ここでヒロインを演じた女優チェノア・マクスウェルとクリストファー・シェロットは「G / 日本未公開 (2002)」も一緒に製作しています。

感想はここ

(4点/5点満点中:DVDにて鑑賞)