SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

United??

今日は朝からおばさん達の井戸端会議@TVの「The View」を見た。普段はぜっ〜〜〜〜たいに見ない。この番組を見ると、アメリカ人はやっぱり議論好きなんだなーと思う。でも、議論してもどうせ相手の言う事をあんまり聞かない人が多いから、自分の意見だけ言って不毛議論が多いけれど...
今回見たのは、バラク・オバマが出演するから。おばさん達相手に、どう切り替えしていくのかが楽しみで... 主演者はウーピー・ゴールドバーグにベテラン司会者バーバラ・ウォーターズ、シェリル・シェパード(コメディアンヌ)に、ジョイ・べハアー(コメディアンヌ)、エリザベス・八セルべック(サバイバーの挑戦者)という5人。
今日見ただけで、大体誰が誰を支援しているかすぐに分かった。ウーピーとジョイは、オバマ支援者。エリザベスは共和党、バーバラは民主党だけれどハッキリしてない、でも多分ヒラリー?って感じでした。シェリルは番組内でハッキリと「ヒラリー支持者だったけれど、あのスピーチ(フィラデルフィアでの)で貴方に投票する事を決めたの」と言っていた。
おばさん達相手に中々でした。「もっと話そう」とまで。ブラット・ピットと血のつながりがある事が報道され、バーバラ・ウォーターズには「言うべきじゃないかもしれないけど、みんなで貴方がセクシーだって話してたのよ」と言われ、ちょっとハニかむ。
http://abc.go.com/daytime/theview/index

で、ペンシルバニアの知事ボブ・ケイシーが、オバマへの支持を表明。有名な政治家の息子でもあり、ペンシルバニアでは良く知られている人らしい。この人がカソリックでもあるので、今までオバマが弱かったカソリック層の票を呼び込むのでは?とも言われている。弱かったペンシルバニアの追い風になりそう。オバマへの支持を表明しているバーモント州の知事と自身も大統領選に参加していたクリス・ドッド等が、クリントンには諦めてもらいたいみたいな発言をしている。ここに来て、民主党の委員長であるハワード・デーンもスーパー代議士は7月1日までには候補者を選ぶようにと発言している。そろそろ民主党も足並み揃えないと... この前のビル・リチャードソンが支持を表明したのも同じ理由。そろそろ民主党が足並み揃えて欲しいからという理由もあった。

所で前々から書いている通り、オバマの教会の牧師の発言が問題になっていた。やられたなーと思っていたのだけど、NBCウォール・ストリート・ジャーナルの調査では、そんなにオバマには響いてない事が判明した。確かに2%という若干ではあるが支持率が落ちてはいる。しかし、その一方でヒラリー・クリントンは10%近く支持率を落としたとの事。オバマが窮地に耐えた事を証明している。

ここで面白い事をやっている。ラップ界における代議士選別。ラップの中でどのように候補者が語られ支持されているのか、それとも批判されているのかという物。中々面白かった。