SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

What we can do...

今更なんですが.... もしかしたらブラックムービーが大好きでここのブログを読んでくれている人の中にも、ヒラリー支持者が居るのでは?と気づきました。鈍感ですいません。きっとそういう方はもう「わるりん、ふざけるな!」って折角のブックマークとかも外されているかもしれないですが、たまたま検索でやって来た人の中にもヒラリー支持者は居るかもしれない。私はオバマ支持者なので、全部オバマ寄りの意見しか書けません。そうなると私のオバマ寄りの記事はムカつかれるかもしれないので、これからは配慮して「この続きを読む...」で対処させて頂きます。この民主党の戦いは「オバマ教」と「ヒラリー教」の戦いみたいな感じもあるし。私、平和主義者なので知らないうちに喧嘩になってたら嫌だし。でもオバマ支持者という立場は絶対に崩せないですし...

という事で....

本当に辛いです。
日本のマスコミは分からないですが、アメリカのマスコミは火曜日以降、本当にオバマに辛辣的です。事ある毎にマスコミが攻撃してます。ヒラリーのネガティブキャンペーンには「何をしても勝つという姿勢」と報道していたマスコミがですよ、オバマがちょっとヒラリーがタックスリターンの用紙を提出してない事を示しただけで「オバマネガティブキャンペーンをやるべきじゃない。民主党の事を考えろ」と言われる始末。いやいや、国民はヒラリーがやる(Solution)と言った事を、見る権利はあるのでは??とも思うんですけど??CNNの報道は本当におかしい。Foxは今に始まった事じゃないけど。

でもこういう辛い時だからこそ、しっかり地に足をつけて頑張るしかないとも思います。
オバマの支援者が書いていたマーティン・ルーサー・キング牧師の言葉
“The ultimate measure of a man is not where he stands in moments of comfort and convenience, but where he stands at times of challenge and controversy.”
もっと分かりやすくニュー・エディション的に言えば「Can you stand the Rain?」
辛い時だからこそ... 試される。

代議士数を取り消されたミシガン州フロリダ州のやり直し選挙の話も出てきてます。両者はヒラリーがとりあえず勝利した州。民主党の上の人たちがやり直ししたくて仕方ない様子。そんな様子を見ていると、やっぱり政治には影の見えない悪い力みたいのが動いているんだろうなーと思います。

そういうのを見たくないからこそ、オバマを支持しているんです。

という訳で、ネガティブキャンペーンに対抗して、ポジティブ・キャンペーン@日本に向かって1人で集会。オバマの凄い所をみんなに知ってもらおう!のコーナーです。
今日の「辛い時こそ...」に合わせて、彼の本「合衆国再生」にある素晴らしい言葉。

努力を放棄したいという誘惑は、とりわけ撃退の必要がある。(中略)何人かの黒人の人たちから言われた事がある。「われわれはもう300年も努力してきたが、まだうまくいってないんだぞ」
それに対し、わたしはこう主張する。それをやめてしまったら、残された選択肢は降伏だ。変わる可能性はあっても変わらずじまいだった状況に屈服することになる。

今のやりたいようにやられている政治にも同じ事言えますよね??

オバマ陣営も分かってきたようで、ヒラリーが1日で4ミリオン集めたと発表すれば、それに被せて大統領選挙初の1ヶ月で最多となる55ミリオンを稼いだと発表する。ポジティブ被せで頑張ってます。しかも、2月は日数少ないしね。

とか言って、わるりんはいつも口ばっかりで何も実際にはしてないだろうし、ここに日本語で日本向けに書いていても、日本には選挙権ないんだし意味ないんじゃないの?とか言われてしまいそうですね。

確かに日本には関係ないかもしれない... なんて思いません。今の日本とアメリカの関係では、アメリカでの大統領が変われば、それだけ日本にも影響してくるのは目に見えてますから。確かに日本から支援しても、微々たるパワーかもしれないですけど、微々でもゼロじゃないですから。

確かに私はいつも口ばっかりです。でも今回は自分が出来る事は何だろう?と模索し、やっと自分でも出来そうな事を見つけて実践してます。オバマのオフィシャルサイトでは、支援者に有権者へ電話して選挙に出向く事を支援する方法が取られています。電話ならどこに居ても出来る事。ただ、私は電話フォビックな所があって、日本語だろうが英語だろうが電話が大嫌い。これはかなりストレスになるボランティアになるので、出来ないなーと思っていた。で、自分なりに見つけたんです。以前もパスポートの際にやった事もあるし、何より書く方が好き。スーパー代議士にお手紙作戦です。オバマ支援者はこういう草の根レベルでの行動力と情報交換が素晴らしいんです。フロリダとミシガンの選挙やり直しの決定によっても左右されるけれど、取りあえず今のところはスーパー代議士が鍵を握っているので、今のうちに沢山の支持が欲しい。スーパー代議士言えども、やはり有権者の声を無視する訳にはいかないですから...って、私有権者じゃないんですけどね。本当に力ないんですけど、何もしないで口ばかり..という訳にはいかないです。1ミクロンの可能性だって信じてます。

オバマ教が本当にあったら、高い壺買ってしまいそうです... いやいや、私はまだ生まれてなかったから分からないけれど、キング牧師が登場した時にはこんな感じだったんじゃないか?と思わせるんですよね。今まで本当に口ばかりで傍観者だった私、本当に怠け者で動く事が嫌いな私... それを1センチでも動かせたんですから。