SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Media Playing the game

はぁ...ショックでショックで... 顔に吹き出物が出来ちゃいました。あまりの悔しさに眠れなくて、目の下にクマまで出来た。
でも、言った通りでしたでしょ?ヒラリーT-1000がぶり返して再生してきたでしょ??この火曜日は予想出来たんです。ヤバイって私は何回も書いたでしょう?
でもね、ヒラリーはオハイオもテキサスも大差で勝たなきゃ駄目だったのに、テキサスはたったの3%での勝利。これでは、今後も代議士数でオバマを抜く事が出来ないんです。テキサスは、予備選挙と党員集会という両方の投票方法を取りました。これによって、代議士数の振り分けがややっこしいのです。党員集会の方では、集計がまだ出ていません。いちようわずかな差でオバマが今のところはリードしてます。でもね、私が注目したのは、CNNの第一報。テキサスでは、オバマが60%とヒラリー35%位と大きなリードをしていたのです。なぜか、分かりますか??オバマは、ウィスコンシンの勝利宣言をテキサスで行った際に、第一声でテキサスでのややっこしい選挙方法をテキサスの人々に分かりやすく説明したのです。テキサスは期日前投票が出来るので、明日でもいいので先に投票する事をオバマ支持者に指示したのです。それを聞いて実行に移した人がオバマ支持者には多かったという事。当然の如く、先に投票してある期日前投票の結果が一番先に出るので、テキサスの第一報は60%と大幅なリードとなった。この分析は、私の妄想だけじゃないのです。オバマ支持者としてCNNに出演しているジャマール・シモンズ氏も同じ事を言っていた。オバマの言葉は人々を実行に移せる能力が宿っているという事の証明。面倒なので人々の行動力がカギとなる党員集会ではいつもいい結果を残しているオバマなので、まだ結果は出てませんが私は信じてますよ。

ただ、今回のオバマが3州での負けにより、CNNの態度が激変しているのが気になる。以前は「ヒラリーはテキサスとオハイオで勝つだけじゃ駄目。大差で勝たないと意味ない」とはっきり言っていたのに、実際はそうなってないのに、今後は分からないと態度を変えてきた。元々CNNはヒラリー寄りとも言われているしね。代議士数では、未だリードしているのはオバマなのに、ヒラリーが有利なように放送している。何か、ゲーム感覚。ヒラリーが復活して勝った方が面白いからみたいな感じ。

これからの州でヒラリーが有利とされているペンシルバニアですら、60%の勝利でもオバマの代議士数を抜けません。今週のワイオミングとミシシッピは、今のところオバマが有利です。そうすると、オバマに勝つにはペンシルバニアを80%以上で勝たないと無理です。でも、そんな数字で勝つことはあり得ません。また、ペンシルバニアの投票日は4月22日。残念ながら、ヒラリーが隠し続けているタックス・リターンの書類は、4月15日までの提出です。去年の分は彼女は出してもいません。今年もそのつもりかもしれません。でも、今回はそれまでにちゃんとみんなの元に発表しないと、攻撃されるのは目に見えているのです。まあ、書き直されたりという不正が働かれるかもしれないですが、それはそれで騙せませんからもちろんヒラリーには大打撃です。ではなぜにオバマはそういう汚い作戦に出ないのか?彼は、民主党という党を考えているというのもあるし、それを超えた高貴な政治を目指しているのでやらないといわれています。でも私はヒラリーが言っている「Solution(結果・解答)」は、タックスリターンの問題も含めて、全然見えていません。オバマは、少しそういう言っている事をやっている事が全然違う事を攻めてもいいのかな?とも思います。汚い作戦というか、それは当然だと思うし。

所で、昨日の結果にショックを受けた夫からヒラリーのスピーチを聞くのを禁止令が出ました。「彼女の言っている事は全部嘘だから聞きたくないんだ!」と。仕方なくイヤホンを付けて聞いてみました。びっくりしましたねー。あんなにスピーチ盗作でリキっていた人がですよ「Yes, She Will」ですって。思いっきり盗作じゃないですか(笑)さすがに呆れて、それ以降のスピーチは私も聞きませんでした。ま、ヒラリー側は彼女が決めて彼女がする。すべて彼女任せ。

でも今回の負けはかなりいい勉強になったのではないでしょうか??「キッチンの流し台」と言われる汚いネガティブ作戦により、浮動票を動かせたのは事実。浮動票はあんまり政治に興味の無い人々が多いと思うので、事実じゃない噂程度の事に動かされた。実際に浮動票の人々は、ここ3日で誰にするか決めた人が多いというし。

今回のオバマのスピーチを聞いたのですが、内容はアメリカン・ドリームを話した心動かす素晴らしいスピーチなんだけど、いつもの覇気というかカリスマが見れなかったようにも思いました。

うちの夫にも「だから言ったでしょ?何かあるんだって」と言われて、益々暗くなりました。でも確かにそう思います。普通なら党毎でまとまらないといけないのに、民主党の影が何か動いてるような気もします。だって、共和党のマケインに勝てるのはオバマだと散々言われているのに、民主党の人がヒラリーは続けるべきだとか言っているとか。万が一、ヒラリーが民主党の代表になったとして、叩けば埃だらけのヒラリーは勝てないと言われているし、前評判もそう。オバマ民主党を考えて、ネガティブキャンペーンしてませんが、共和党はそんなの関係ないです。ヒラリーの言う経験や国家の安全確保でも、マケインの政治経験と軍人経験による安全保障には勝てないですしね。ヒラリーが出てもかなり叩かれるのは目に見えているのに、民主党が足並みを揃えようとしないのには、もの凄く違和感を感じる。ま、民主党だけじゃなく、共和党もヒラリーが敵の方がやりやすいだろうから、今はあんまりヒラリーを攻撃しないで待っているでしょうし... 確かに夫のいう「何か」を感じます。だからこそ、オバマを応援している訳ですが...

というか、支援する私が暗くなってどうするって思うので、信じて頑張りますよ。

しかし、せっかくみんなで結果を見ていた小浜の人々も落胆した事でしょうね... 私が映画製作ニュース等でいつも参考にしているサイトでも、日本のオバマ熱が話題になってました。ここ

海外とはいえ、小浜の人々やそういう応援の声が大きくなれば、それはそれで大きなパワーです。海外で大注目されていると知れば、心動くスーパー代議士の人だっているかもしれないんですから。Yes, WE canですよ。