SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Irish Jam / 日本未公開 (2006)

Cast >> Eddie Griffin (Jimmy McDevitt), Roger Ashton-Griffiths (Tom Flannery), James Bradshaw (Malachy McNulty), Ray Callaghan (Doc Murphy), Christopher Dunne (Michael O'Malley), Anna Friel (Maureen), Tom Georgeson (Father Duffy), Togo Igawa (Mr. Suzuki), Mo'Nique ...
Director >> John Eyres
Writer >> John Eyres, Max Myers
Producer >> Alex Brown, Jamie Brown ...

総合ポイント >> 3.5/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 5

Eddie Griffin found Shamrocks
ジミー(エディ・グリフィン)は、LAのベニスビーチで踊ったり、偽のドラッグを売ったりして、きままなその日暮らしをしていた。恋人(モニーク)にも結婚を迫られていたが、いつも上手く逃げてきた。ある日、アパートからも追い出されたジミーは途方にくれながらも、たまたま見つけた詩の優勝者にはアイルランドにある小さなパブの経営権を貰えると知り...

エディ・グリフィンが主演です。自身の自伝的とも言われている「Foolish」や、「Double Take」、「アンダーカバー・ブラザー」、さらにはデンゼル・ワシントンと共演した「ジョンQ」等に立て続けに出演し、特に「ジョンQ」ではグリフィンの新たな一面を見せてくれて、非常に期待していたのに、なぜか「最‘狂’絶叫計画」辺りからいい作品に恵まれていなかった。そんな中、見つけたのがこの作品。「うわー、つまらなそう」と思っていた。所が、意外と面白い(興味深いという意味で)作品。
まず、今まで黒人俳優が主演の映画では、アイルランドが舞台という映画は殆ど見つからない。主演じゃないが、ヒル・ハーパーが出演していたピアース・ブロスナンが主演の「The Newphew」という作品くらいだろう。なのでとっても新鮮に感じる。歴史的には、黒人はアイルランドに住んでいるようだが、黒人とアイルランドというのはアメリカのような悲劇はないようだ。でも、アイルランド出身のバンドU2等は、アメリカのブルース音楽が彼等のルーツだというし、割とアイルランドにも影響を与えているのかもしれない。タップダンスの起源も、アフリカからのダンスと、アイリッシュ達のダンスという2説があるのも興味深い点。
映画はそういう部分とは全く関係なく、普通に在り来たりなコメディ映画ではあるけれど、かと言って「つまらない」という印象はなぜか残らない。エディ・グリフィンがお得意のモノマネを惜しげなく披露してくれているからもしれない。

映画そのものは普通だ。ただ、アイルランドという国を題材にしただけで、多くの事実に興味が沸いてきた。エディ・グリフィンも、アイルランドの国で自身の場所を見つけたようだった。

(6/22/07:DVDにて鑑賞)