SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Get Rich or Die Tryin' / ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン (2005)

Cast >> 50 Cent (Marcus), Adewale Akinnuoye-Agbaje (Majestic), Joy Bryant (Charlene), Omar Benson Miller (Keryl), Tory Kittles (Justice), Terrence Howard (Bama), Ashley Walters (Antwan), Marc John Jefferies (Young Marcus), Viola Davis (Grandma), Sullivan Walker (Grandpa), Serena Reeder (Katrina), Bill Duke (Levar) ....

Director >> Jim Sheridan
Writer >> Terence Winter

総合ポイント >> 3.75/5点満点

Contents >> 4 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 5

Get up on your feet
9発もの銃弾を受けながらも、生き延びたマーカス(50セント)。父親の存在を知らず、母親もドラックの売人という家庭に育ったが、それでも母親を愛していた。母親を亡くしてからは、祖父母の家庭で大勢の従兄弟達と生活を始めた。ラッパーになる事を夢見ていたが、お金欲しさに、母親のようにドラック売人になっていった...

主人公がいつも人のせいにしていた気がする。自分がドラックの売人になったのも、母親が売人で「ファミリービジネス」を継ぐという言い訳だったし、銃を手にしたのも売人になったからで、ギャングスタラップに興味を持ったのが「2パック」という存在が居たからだ...とか。ここまでは、今まで幾度も見た設定。銃を手にして売人となり、利益を得た。いつまでも続かない現実。監獄に入り現実を知る。ここまでも「クリップス」とかで見た。そこで、また銃による復讐を受ける。暴力がまた暴力を生む。どうにもならない体で、ここで初めて主人公が現実に立ち向かい、復讐の為にまた銃を取るのではなく、自分の足で立ち上がる。誰のせいにもする訳でなく、自分で立ち上がり、50セントという実在する成功した人がいる。その存在は面白いと思った。ただ、それが50セントの演技や監督の演出で普通の人に上手く伝わらなかったのが、この映画の欠点だったと思う。

(3/30/06:DVDにて観賞)