SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

ウィル・スミス寿司満喫中

親日家として知られている(?)ウィル・スミスが、6度目の来日を果たしたそうだ。フレッシュ・プリンス時代も含めると、もうちょっとありそうな気がするけど... 何しろ、日本には「DJ Jazzy Jeff and Fresh Prince」のオフィシャルのファンクラブがあったくらいですから... けれど、当時彼等が好きで真似したいたお兄様方は、Fresh Princeの底抜け明るいラップに憧れていた訳でなく、Jazzy JeffのDJを真似していたのだけど。Fresh Princeには、唯一無二のラップスキルでは無くて... 誰にも負けない愛くるしいキャラクターがあったのだけど、兄貴達は、キャラクターよりも、職人であるJazzy Jeffの方が真似するのは、当たり前の事でしょう。けれど、これが面白い事に、ウィル・スミスが主演のTVシリーズFresh Prince of Bel-Air」では、立場が逆転する。なぜか、Jazzy Jeffが愛くるしいキャラクターを演じていたのが、このコンビの面白い所。
日本のWコージ(今田耕司兄さん+東野幸治)みたい。1人でも、最高に面白い/凄いのに、2人だと最強。

ってな訳で、日本との付き合いも長いウィル・スミス。寿司を毎日満喫しているそう。(本当か?)嫁のジェイダ・ピンケット=スミスがちょっと前に「コラテラル」のプロモーションで、「デビットレターマン・ショー」に出た時に、「日本にヴァケーションしていた」なんて言ってたので、このスミス家、本当に親日家なのかも。
そんなに好きなら、私も呼んでくれればいいのに。

そんな訳で、「アイ,ロボットI, Robot」の感想を書いてなかったことに気づいたので.... 前置き長すぎですけど。