SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

22 Jump Street / 日本未公開 (2014)

Cast >> Jonah Hill (Morton Schmidt), Channing Tatum (Greg Jenko), Ice Cube (Capt. Dickson), Dave Franco (Eric), Rob Riggle (Mr. Walters), The Lucas Brothers (Keith & Kenny Yang) ....
Director >> Phil Lord, Christopher Miller
Writer >> Michael Bacall (screenplay), Jonah Hill (story), Rodney Rothman (screenplay), Oren Uziel (screenplay)
Producer >> Neal H. Moritz, Jonah Hill, Channing Tatum
Genre >> Comedy
Country >> USA

総合ポイント 4.5点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 5 演出 >> 4 音楽 >> 5

"We Jump Street, and we 'bout to jump in yo ass"
21ジャンプ・ストリートで成功を収めたジェンコチャニング・テイタム)とシュミット(ジョナ・ヒル)。しかし大物麻薬ディーラーのゴースト(ピーター・ストーメア)を追っていたが、逃がしてしまう。21番地ジャンプ・ストリートにあった韓国系教会は買われたので、今は22番地ジャンプ・ストリートにある元ベトナム系教会をアジトにしている。しかも成功した事で、予算は倍になり、22ジャンプ・ストリートはハイテクなり、署長(アイス・キューブ)は大喜び。署長はジェンコとシュミットを呼び出し、とある大学で「WHYPHY」と呼ばれている麻薬ディーラーを探せと、また覆面捜査に乗り出すのだが...

アメリカでは大ヒット&大人気となった映画版「21ジャンプ・ストリート」だったが、日本では上映されずにメディア販売のみとなった。前作はオリジナルをかなり改変しながらも、オリジナルへのオマージュを忘れない優れた「映画版」だった。今回はその続編。今回は「続編映画」という事を重きにおいて作られたように感じる。前作のオリジナルへのオマージュのような上手さは感じられなかったが、それでも終始笑いぱなしになってしまう魅力的なコメディだ。高校時代の大イベントが「プロム」なら、大学時代の一大イベントは「スプリング・ブレイク(春休み)」である。今回も大学ならではの面白さを沢山引き出している。部活にフラタニティに寮生活...高校時代とは違うのだ!!男女間も軽くなっていて、これがまた別のドラマ...いやコメディを呼んでいた。

前作ほどの上手さはないけれど、この「続編映画」はやっぱり優れた続編なのだ。しかもやっぱりオリジナルのオマージュもちゃんとあるのだ!最後まで「続編映画」の魅力をしっかりと見届けて!

(6/16/14:劇場にて鑑賞)