SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Kick-Ass 2 / キック・アス/ジャスティス・フォーエバー (2013)

Cast >> Aaron Taylor-Johnson (David Lizewski / Kick-Ass), Christopher Mintz-Plasse (Chris D'Amico / The Motherfucker), Chloe Grace Moretz (Mindy Macready / Hit-Girl), Clark Duke (Marty / Battle Guy), Morris Chestnut (Detective Marcus Williams), Donald Faison (Doctor Gravity), John Leguizamo (Javier), Jim Carrey (Sal Bertolinni / Colonel Stars and Stripes) ...
Director >> Jeff Wadlow
Writer >> Jeff Wadlow (screenplay), Mark Millar (comic book), John Romita Jr. (comic book)
Producer >> Adam Bohling, Tarquin Pack, Matthew Vaughn, Brad Pitt, David Reid
Genre >> Action
Country >> UK
Release (JP) >> 02 / 22 / 2014

総合ポイント 4.25点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 5 演出 >> 4 音楽 >> 4

"It's taking that pain and turning it into something good. Something right."
デイブ(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、キックアスとして本物のスーパーヒーローとなったが、今は普通の退屈な高校生をしていた。同じ高校に入学していたヒットガール事ミンディ(クロエ・グレース・モレッツ)も父を失い、父のパートーナーだったマーカス(モリス・チェストナット)が父親代わりとなり、「普通の高校生」を堪能しなさいといわれていた。デイブの誘いでミンディは一緒にトレーニングを始めた。その頃、キックアスに父を殺されたレッドミスト事クリス(クリストファー・ミンツ=プラッセ)は、復讐に燃えていたが、外から出れない状態だった。そんな3人が...

前作が評判となった「キック・アス」。しかし続編はなぜかアメリカでは興行的に失敗。批評家達も口を揃えたかのように「前作のユーモアと驚きが無い」を言っている。確かに前作ほどの面白さは無いけれど、それでも十分に面白い!だって前作が150点だったからね。その半分だって75点。十分です。ヒットガールのキレの良さと、可愛さが見れただけで十分。「キック・アス」はそういう映画でしょ?ヒットガールが学校に通っていて、それでいじめっ子達が悪役になるというのは、まあありがちでオリジナリティは無いのは残念ではある。でも、町でスーパーヒーロー達が集まっていくのは面白かった!つい最近「Superheroes」というドキュメンタリーを見たせいかもしれない。あの人たちの夢がこの映画には詰まっている!!

ヒットガールあっての「キックアス」。ミンディちゃんが悩み傷つきながらも体を張ってくれるのに、貴方達は何をもっと求めるのか?あ、〆る前にもう一つ。悪役が最悪で最高だった!なんだ、あのマザーロシアは!女ドラゴ!!

(2/11/14:DVDにて鑑賞)