SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Jasper, Texas / 日本未公開 (2003) (TV)

Cast >> Jon Voight (Billy Rowles), Louis Gossett, Jr. (R.C. Horn), Joe Morton (Walter Diggles), Bokeem Woodbine (Khalid X), Emily Yanc (Stella Byrd), Blu Mankuma (James Byrd Sr.), Roy T. Anderson (James Byrd, Jr.) ...
Director >> Jeffrey W. Byrd
Writer >> Jonathan Estrin
Producer >> Jonathan Estrin, Michael Greene
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 4

"One day you'll wake up such a pain because what you've done"
日曜日。テキサス州の小さな町ジャスパーの田舎道を走っていた保安官のビリー(ジョン・ヴォイド)が無線で事故があったと連絡を受けた。現場に向かうと、道路には不可解な跡が残っていて、ビリーはその跡を辿ると、そこには頭も腕もない死体を発見した。すぐに市長のR.C・ホーン(ルー・ゴセット・ジュニア)が現場に駆けつけた。ビリーは市長に死体は黒人で、どうやら引きずられたようだと報告。現場に残っていた証拠から犯人の1人ショーン・ベリーが浮かび、地方検事の手腕でベリーはすぐに他の2人の名前を明かし、犯行の様子まで語った。他の2人は白人至上主義者だった。しかし小さな町ジャスパーは、見慣れないFBIや有名な活動家たちが押し寄せ、町は全米の注目を浴び、真っ二つに割れそうであった。しかもブラック・パンサーがやってきてマーチをしたり、今度はKKKがやってくる。それをかぎつけたブラック・パンサーがKKKと同じ日にマーチをすると言い張る。ホーン市長とビリーは何とか町を平和に保とうとするが...

実際に起きたヘイトクライムを元に制作されたTV映画。ジェームス・バード・ジュニアは夜にヒッチハイクをした。乗せてくれたのが、ショーン・ベリーとブリューワー、そしてジョン・キングであった。ピックアップトラックの荷台に座ったジェームス。田舎の暗い道を走る。突然止まった所で、ビールを勧められる。飲もうとした所でいきなりビール瓶で殴られる。バッドで殴られたり、蹴られたり。意識を失った所で、足にチェーンを巻きつけられ車で引きずられる。意識を取り戻すが苦痛しかなかった。死体となって見つけられた時には、頭はなく、腕の片方はなかった。法廷のシーンではそんな死体の写真を見せられる。観客は言葉なんて出ない。ホラー映画以上のホラーである。たった少しのシーンだけれど、ジェームズがどんな苦痛で死んでいったのか、すぐに物語る写真であった。そのジェームスの苦痛と共に、映画では小さな町がどのようにして暴動や人種衝突が起きなかったのかが描かれている。市長や教会の牧師たちや保安官たちの努力があっての事だった。正直、悲しくて見ているのが辛い映画ではあったが、ブラック・パンサーとKKKの衝突はちょっとだけコミカルに描かれているのが良かった。地元の人達は「ジャスパーの町が使われている」と感じていた。パンサーとKKKの衝突もそうだが、マスコミや有名活動家たちもそうであった。それらを上手く風刺していたのも良い。
そして監督は奇しくも殺されたジェームス・バードと同じ「バード」姓のジェフ・バード。しかも監督の父親の名前がジェームス・バードであった。映画を引き受けた後に、監督の従兄弟が調べた結果、なんと親類であった事が発覚したそうだ。

そして3人の犯人のうち2人は死刑を言い渡された。映画の最後では、テキサス州にて黒人が被害者で白人が加害者となった裁判で死刑を言い渡され実行された例は1854年以来となる。その時はお気に入りの奴隷を殺された白人が起こした裁判で、所有者権を争っての事で、黒人を殺した罪ではなかった。そしてバード殺人の犯人の1人、ブリューワーはこの映画が公開されてから8年後の2011年に死刑が実行されている。なんともパワフルで考えさせられる映画であった。

(7/14/13:DVDにて鑑賞)