SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Pacific Rim / パシフィック・リム (2013)

Cast >> Charlie Hunnam (Raleigh Becket), Idris Elba (Stacker Pentecost), Rinko Kikuchi (Mako Mori), Diego Klattenhoff (Yancy Becket), Charlie Day (Dr. Newton Geiszler), Burn Gorman (Gottlieb), Max Martini (Herc Hansen), Robert Kazinsky (Chuck Hansen) ...
Director >> Guillermo del Toro
Writer >> Travis Beacham, Guillermo del Toro
Producer >> Thomas Tull, Jon Jashni, Guillermo del Toro, Mary Parent
Genre >> Sci-Fi
Country >> USA
Release (US) >> 07 / 12 / 2013
Release (JP) >> 08 / 09 / 2013

総合ポイント 4.25点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 5

"We have chosen to believe in each other!"
太平洋沖のサンフランシスコに突然現れ、町を破壊していく巨大生物「KAIJU」が現れた。人々はそのKAIJUに立ち向かう巨大ロボット「イェーガー」を開発した。イェーガーは2人のパイロットが同時に操作しなければならなかった。ローリー・ベケットチャーリー・ハナム)は、ペンテコスト司令官(イドリス・エルバ)の元で兄と共にパイロットとして活躍していたが、兄がKAIJUにやられてしまい、それ以来落ちぶれた生活を送っていた。イェーガーのプログラムも政府によって終了させられたが、ベケットはイェーガーこそがKAIJU滅亡の道だと信じ、優秀な人物を集めてレジスタンスを作っていて、ローリーを呼び寄せた。ラリーを案内するのがマコ(菊地凛子)だった。彼女はイェーガーのパイロットになりたがったが、なぜかベケットがそれを拒否していたのだった。地球滅亡の日が刻一刻と近づいていく...

ギレルモ・デル・トロ監督の怪獣SF作品。キャスティングが国際色豊かで、日本からも菊地凛子芦田愛菜が参加したのも話題。しかも菊地凛子チャーリー・ハナムに続く主役である。正直、怪獣自体はやっぱり「ゴジラ」が最高で最強だと今でも信じている所があるので、カイジュウのデザインはあんまり好きになれなかった。しかも最初の方は全体像がつかみ難いショットが多過ぎだった。でもイェーガーは最高。デザインもカッコいい。あのロボットがスクリーンであんなに綺麗にそして精密に動くのは、昭和世代の私はワクワクした。
物語は割と在り来たりかな?とも思うが、それに付随する人間ドラマが意外と面白かった。最近ではロマンスも当たり前だけど、白人男性と日本人女性というのは斬新。ただ2人の関係はあくまでもプラトニックだったのは残念。キスシーンすら無いなんて、不自然である。そしてイドリス・エルバが司令官であり、親である。戦いの前のスピーチはとても感動する。映画「インディペンデンス・デイ」でのビル・プルマンが演じた大統領と同じ役割である。時代は変わったのだ。

ギレルモ・デル・トロ監督がマニアの為につくった最強・最大エンターテイメント映画!

(7/12/13:劇場にて鑑賞)