SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

アイザック・ヘイズ

なんでこんなに悲しいニュースを立て続けにお伝えしないとならないのでしょうか...
昨日のバーニー・マックに続いて、今度はそのマックと全米では11月から公開予定となっている「Soul Men / ソウルメン (2008)」で共演しているアイザック・ヘイズの訃報。

今朝、ランニングマシーンでエクササイズしていたアイザック・ヘイズ。ランニングマシーンが動いているのに、ヘイズの応答が無かった。ヘイズはその横で倒れていたと言う。家族は救急等を呼んでメンフィスの病院へ急いだが、そこで死亡を確認されたという。65歳だった。

アイザック・ヘイズと言えば、「シャフトのテーマ」。この曲でオスカーのオリジナルソング賞を受賞している。このアイザック・ヘイズの曲無しには、シャフトの成功もブラックスプロイテーションの繁栄も無かったと言える。その成功が買われて自分が主演の映画「Truck Turner / ブラック・ハンター (1974)」では、味のあるブラックスプロイテーションの主役を演じていた。「Wattstax / ワッツタックス (1973)」で伝説となりましたよね。中でも一番好きなのが「I'm Gonna Git You Sucka / ゴールデン・ヒーロー/最後の聖戦 (1988)」。ジム・ブラウンとのコンビでリブ屋をいい感じで演じていた。ヘイズとブラウンとクリス・ロックのリブ店でのやりとりは最高の名シーン。最近では「Hustle & Flow / ハッスル&フロウ (2005)」で、クラブオーナーで渋い演技を見せていましたね。

アイザック・ヘイズも「Soul Men」の他に2作既に製作済みの作品があるようだ。

安らかに。

http://news.yahoo.com/s/ap/obit_isaac_hayes;_ylt=AiOg5U6KsmEL6O2gt6hWt.as0NUE