SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

The Pursuit of Happyness / 幸せのちから (2006)

Cast >> Will Smith (Christopher Gardner), Thandie Newton (Linda), Jaden Smith (Christopher), Dan Castellaneta (Alan Frakesh), Zuhair Haddad (The Cab Driver), Brian Howe (Jay Twistle) ....
Director >> Gabriele Muccino
Writer >> Steve Conrad
Producer >> Will Smith, Todd Black ....

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

幸せの追求
クリス・ガードナー(ウィル・スミス)は、最新医療機器を買い取り自らセールスをしてサンフランシスコの病院を渡り歩いていた。その事業も中々上手くいかずに、5歳の息子クリストファー(J・スミス)は、安い中国系の託児所に行き、ガールフレンドのリンダ(T・ニュートン)がパートで働いたお金で何とかアパートの家賃を払っていた。セールス中に偶然見かけた高級車のフェラーリに乗る男性と会話すると、彼は株の仲買人で、仲買人になるには学歴はあんまり関係ない事を聞いたクリスにある考えが浮かぶが、リンダの我慢も限界に近づき...

クリス・ガードナーという人。誰もが彼に当てはめられると思う。犯罪歴もなく、普通に暮らす男性だ。ただ運悪く、事業に失敗して生活は苦しいけれど、みんなと同じく夢を持っている。楽に家族と共に幸せに暮らしたいという夢。今まで、黒人...取り分け男性が主人公だと、大抵は犯罪を犯して牢獄に入り、そこで改心するという話し。黒人男性にとって、犯罪者になって牢獄に入るという話は、確かに少なくないし、それが社会問題という事実もある。けれど、それが全てじゃないし、逆に言えば、普通に暮らしている人の方が大多数である事も忘れられていた気がする。また普通の男性の成功話と言えば、スポーツか芸能関係の話しだったのも違和感があった。特別な才能がある訳じゃない、ただただ頑張れば報われるという話し。しかも人種に関係無くとも、多くの人が共感出来る話だ。多くの障害や悪循環を経て、自ら成功させるという話しに、かなりの勇気を与えられる。
その主人公を演じたウィル・スミスという人。いつも英雄で、クリーンで真面目な印象がある。今回もクリーンで真面目であるけれど、いつもと趣が違う。「アイ,ロボット」で見せたようなシャワーシーンが今回もある。所が印象が全然違う事に注目してもらいたい。でも、その彼の実の息子が演じた、主人公の息子役。演技はさすがサラブレッドといった感じで、台詞とかも上手い。でも髪型がね、生活に苦しそうな感じがしなかった。あの髪型保つには、高いんじゃないかなーなんて思ってしまった。でも、物語はリアリティに満ちている。子供が落とした玩具。無理に感動を脚色すれば、成功した後にパパが同じ玩具をプレゼントした事だろう。でも、そんな脚色一切無しでも、多くの感動を目の辺りにする。いや、逆にそんな脚色がなかったからこそ、感動したのかもしれない。

クリス・ガードナーは、サンフランシスコだけじゃなくって、きっと世界中に居る。幸せを追求する人は、私の周りにもきっと沢山居る。彼の勇気と希望は、きっと私自身もクリス・ガードナーにしてくれた気がした。

(12/20/06:劇場にて観賞)