SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Take the Lead / 日本未公開 (2006)

Cast >> Antonio Banderas (Pierre Dulaine), Rob Brown (Rock), Yaya DaCosta (LaRhette), Alfre Woodard (Principal Augustine James), Dante Basco (Ramos), John Ortiz (Joe Temple), Laura Benanti (Tina), Marcus T. Paulk (Eddie), Jenna Dewan (Sasha) ....
Director >> Liz Friedlander
Writer >> Dianne Houston
Producer >> Christopher Godsick, Michelle Grace ....

総合ポイント >> 4.25/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 4

The Leading Man
ニューヨークに住む高校生のロック(ロブ・ブラウン)は、楽しみにしていた学校のダンスパーティに、チケットが濡れているという理由だけで会場に入れずにいた。そんなロックを見て、悪い仲間達が校長(アルフレ・ウッダード)の車に悪戯することを勧めた。たまたま通りかかったダンス講師のピエール(アントニオ・バンデラス)が、その様子を目撃していた。ピエールは翌日学校に出向き、ボランティアを申し出た。素行が悪くて学校終了後に補修を受けている学生達に、ダンスを教える事となり...

出来すぎた話のように思えたけれど、それでも映画を見た後は気分爽快だ。ダンスそのものの面白さとか芸術性もあるのかもしれないけれど、とにかく面白い。主人公のピエール・デュラインという人が、とっても前向きで魅力的。自分の情熱を捧げているダンスを通して、人々に人生を伝えていくというのが、とっても面白かったように思える。みんな役を通じて、どんどんピエールに惹かれていく表情も素晴らしかった。ピエールという人と、その人を演じたアントニオ・バンデラスの魅力が上手くミックスされていたように思える。それは、バンデラスとダンスをした時の校長役のアルフレ・ウッダードの表情に全て凝縮されている。
内容もリードする人(導く人)が立派だと、後に上手く続いていく。ピエールが信じるダンスの理論が上手く物語化されていて素晴らしい。

(9/6/06:DVDにて観賞)