SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

ファイナル

とうとう終わっちゃった(涙)
絶対に第7戦まであると思ってたんだけどねー。あっけなかった。
優勝決まった時に1番喜ぶのは、アロンゾ・モーニングとかゲイリー・ペイトンだと思ってたんですが、意外にもシャックでしたね。しかもMVPがドゥエイン・ウェイドに決まって、デビット・スターンからMVPのトロフィーが渡されると思ったら、シャックがそれをスターンから奪って、ウェイドに渡した程。シャックとウェイドの仲の良さを感じました。今までだったら、ウェイドの次になる2番目なんて嫌ったと思うのだけど、今回はそんなエゴも出しませんでしたね。試合後のインタビューやプレス会見でも、今回の優勝はスペシャルだと、何回も言ってました。シャックにとって今回の優勝は「俺はコービー無しでも優勝出来るけれど、コービーは俺無しには優勝出来ない」という事を証明した事になるので、彼にとっては「スペシャル」だったのかも。
これまたドゥエイン・ウェイドも、いい子ちゃん。若いのに謙虚。シャックや他の選手をちゃんと立てるんだよねー。シャックはいい相棒にやっと恵まれたのかも。
「嫌いだ」と書いてしまった、パット・ライリー。意外にもいい人だというビデオを見せられて、ちょっと好きになった。現金な私。そういえば「Glory Road」にも本人じゃないけど、パット・ライリーという役があった。あの時代から活躍していたなんて、長いんだなー。あの出来事は、そんな昔じゃないんだよねー。って実感。

んで、ダラス。若いチームなので、また同じ選手を残せたら、次にも十分チャンスがある。アメリカのスポーツキャスターも言ってたけれど「エイブリー・ジョンソンは監督としても、絶対にチャンピオンリングを手にするのは間違いない」って言ってた。そう思います。大物スター選手がいないのに、よくあそこまで頑張った。ダラスのオーナー、マーク・キューバンも来年は更にチームを強くして戻ってきてくれる筈。しかし、キューバンは、アメリカン・アイドルの優勝者に似てると思います。

明日は、W杯の日本戦があるので、とりあえずは脱力しないで済みそう。