SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Trippin' / トリップ (1999)

Cast >> Deon Richmond (Gregory Reed), Donald Faison (June Nelson), Guy Torry (Fish), Maia Campbell (Cinny Hawkins), Aloma Wright (Louise Reed), Harold Sylvester (Willie Reed), Cleavon McClendon (Jamal Reed), Bill Henderson (Gramps Reed), Michael Warren (Shapic), Countess Vaughn (Anetta Jones), Anthony Anderson (Z-Boy) ....

Director >> David Raynr
Writer >> Gary Hardwick
Producer >> Marc Abraham, Caitlin Scanlon ....

総合ポイント >> 4/5点満点

Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

Daydreamin'
グレッグ(D・リッチモンド)は、高校卒業を仕替えて、両親から大学に進むようにプレッシャーをかけられていたが、本人は学校のマドンナのシニー(M・キャンベル)に夢中で、大学のことは全く考えてなかった。シニーが大学について詳しい事を知ったグレッグは、大学に入る振りをして、シニーに接近した。近づくプロム(卒業パーティ)にシニーを誘うが...

プロムではしゃぐのは、何も白人の学生だけじゃない。高校に通っている誰もが、浮かれているのだ。なのに、今まで映画で浮かれる学生を見たのが、白人の学生だけだった。黒人が主役でプロム映画は、この映画が初めて。今まで見てきた「フットルース」や「プリティ・イン・ピンク」のように、主人公がくじけずポジティブなラストは、観客のモチベーションも上げてくれる。この手の映画は、観客を必ずハッピーにしてくれる。観客をも、デイドリーミングのように、幸せ気分になれる映画だ。

(4/9/06:TVにて観賞)asin:B00005N780