SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Rockers / ロッカーズ (1978)

Cast >> Leroy Wallace (Horsemouth), Richard Hall (Dirty Harry), Gregory Isaacs (Jah Tooth), Jacob Miller (Jakes), Marjorie Norman (Sunshine), Winston Rodney (Burning Spear), Frank Dowding (Kiddus I), Robbie Shakespeare (Robbie), Leroy Smart (Himself), Peter Tosh (Himself) ....

Director >> Ted Bafaloukos
Writer >> Ted Bafaloukos

総合ポイント >> 4/5点満点

Contents >> 5 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 5

I-man Rasta.
ホースマウス(L・ウォレス)は、才能あるレゲエドラマーだ。中間達とガンジャ大麻)を吸いながら、演奏を楽しんでいた。レコード売りの仕事をする為に、仲間からお金を集めてオートバイを買った。商売も少しずつ上向いた所で、レストランでのレゲエ演奏でのドラマーとしての仕事を得た。そんな時に立ち寄ったパーティで、大事なバイクが盗まれてしまう。

設定がイタリア映画の「自転車泥棒」と似ているのに、こちらは全然悲観的じゃないのが面白い。「自転車泥棒」の主人公と同じ位行き詰ってる筈なのに、前向き。と思っている時に、いきなり主人公がカメラ目線で「ラスタマンは...」って語り始める。中々面白い演出。アメリカのディスコ音楽で踊っている所に現れて、レゲエを無理矢理かけちゃう所とか、ラスタマンの粋な性格を十分に楽しめる。レゲエの楽しさだけでなく、ジャマイカの問題点も十分に伺える。パトワ語なので、生のジャマイカを味わった気分。

(4/1/06:DVDにて観賞)asin:B000B84OHQ