SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Breakin' 2: Electric Boogaloo / ブーガルビートでT.K.O! (1984)

Cast >> Lucinda Dickey (Kelly), Adolfo Quinones (Ozone), Michael Chambers (Turbo), Jo De Winter (Mrs. Bennett), Susie Coelho (Rhonda), Ice-T (Rapper), Peter MacLean (Mr. Douglas) ....

Director >> Sam Firstenberg
Writer >> Jan Ventura, Julie Reichert

総合ポイント >> 3.5/5点満点

Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 3 Music >> 4

Love TKO!
ケリー(L・ディッキー)はダンサーとして成功を収めていたが、毎日が満たされずにいた。オゾン(A・キノーネス)とターボ(M・チェンバース)は、コミュニティセンターで子供達にダンスを教えて楽しい日々を過ごしていた。ケリーは、昔の友人オゾンとターボを訪れてコミュニティセンターの事を知った。しかし、建設会社がコミュニティセンターを取り壊し、ショッピングセンターの設立を計画し始めた。センターを多額のお金で修復工事をするように言い渡す。ケリーとオゾン、ターボの3人は、ダンスのショーでお金を集める計画をするが、ケリーにパリでの仕事が入ってしまい...

内容も演技も大した事ないんです。アカデミー会員が喜ぶような格調高い映画でもない。点数とかランクとかつけちゃったら、下の方になる映画。でも、絶対に嫌いにはなれない。どちらかと言ったら、好きな映画。前作の「1」を見ると、どうしてもこの「2」が気になる。インターレイシャルカップル(異人種の恋人)なんて、今の時代には珍しくないし、この映画が作られた80年代だって珍しくなかった。実際に、それがテーマな映画もあった。しかし、この映画では絶対に、その壁を越さない。「いい加減にしろよ!」と、思いつつもこの3人が嫌いになれないし、この映画も嫌いになれない。映画にはありがちな在り来たりな物語だからこそ、なぜか胸踊る。

(3/22/06:DVDにて観賞)asin:B0009G3EZS