SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

In the Mix / 日本未公開 (2005)

Cast >> Usher Raymond (Darrell), Chazz Palminteri (Frank Pacelli), Emmanuelle Chriqui (Dolly Pacelli), Anthony Fazio (Frank Jr.), Kevin Hart (Busta), Matt Gerald (Jackie), Robert Davi (Fish), Robert Costanzo (Fat Tony), K.D. Aubert (Cherise) ....

Director >> Ron Underwood
Writer >> Chanel Capra, Cara Dellaverson ....

総合ポイント >> 3/5点満点

Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 3

In the Mixed bag?
ダレル(アッシャー)は、レコード会社設立を夢見るクラブのDJ。亡くなった父親も世話になっていた、古くからのイタリア系マフィアの家族に頼まれて、娘のドリー(E・シューキー)の帰省パーティでDJする事を頼まれた。そのパーティーの最中に、ドリーの父でありマフィアのボスであるフランク(C・パルミンテリ)は、何者かに銃で攻撃されそうになった所を、直感で襲撃を感じたダレルが救い、フランクの命を守った。ドリーの身を心配するフランクは、自分の手下にボディガードをさせようとするが、ドリーが強く拒否をする。その代わりに、ダレルならと妥協し、フランクも仕方なく承諾した。ドリーに昔から惹かれていたダレルも承諾したが...

この映画のポイントがイマイチ掴みづらい。アッシャーを全面に出したいのか、物語を重視したいのか、ラブロマンスなのか、何なのか?アッシャーを全面に出したいなら、彼の踊りとか歌とか、俳優としての魅力とか、彼の魅力になる物をこの映画で見せる事が少なかったように感じる。確かにアッシャーのセクシーさは、感じた。けれど歌って踊っているライブ映像や、彼のミュージックビデオの方が、よっぽど魅力的。
物語としても、ごくごく普通。マフィアとか出てくる割には、ドキドキ感も緊張感もない。ラブロマンスとしても、相手役の彼女が普通なので、あまり魅力を感じず、物足りない。素敵な台詞も少ない。
ごちゃごちゃっと、要点を定めずに色々混ぜ(Mix)過ぎた感じがある。
(3/23/06:DVDにて観賞)