SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Black Six (1974)

Cast >> Gene Washington, Robert Howard, Carl Eller, Cynthia Daly, Lem Barney, Mercury Morris, Joe Greene, Willie Lanier ....

Director >> Matt Cimber
Writer >> George Theakos
Producer >> Matt Cimber
Genre >> Action

総合ポイント >> 3.25/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 2 Direct >> 3 Music >> 5

復讐と報い。
70年代のブラックスプロイテーションのキーワードは、絶対に「復讐」。復讐する事で、報われようと思っていたように思える。同じ意味の「報復」をせずに...

この映画の楽しみは、何と言ってもNFL選手、しかもただの選手じゃない大スターNFL選手が演じる事に意味がある。「七人の侍」を真似ただろう、6人のそれぞれの選手のキャラクターを生かした面白さがある。
ヴァイキングスのカール・エラーの大きな体に無口な姿には、「ポリス・アカデミー」のババ・スミスを思い出せるし、ミーン・ジョー・グリーンの姿は、映画でも御なじみのルーズベルト・グリアの映画での姿を思い出せ、よく喋るユージン・モリスは天然のエンタテイナーを感じる。

なによりも、NFL仕込みのマッチョな体は、アクション映画にぴったりだ。映画のもう一つの見せ場であるバイクも、イマイチなんだけど、彼等の体のお陰で、やたらとカッコよく見えるのも面白い。何よりも、ファンクミュージックに彼等とバイクはピッタリなのだ。
彼等の場合、NFLの実力と功績で十分に「報復」したように思えた。
(12/08/04)