SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

全然分からない!

PHPを勉強中。さっぱり分からん... 無料でダウンロードさせてくれるPHPスクリプトをアップロードして、動かせるんだけど、自分では製作出来ない。MySQLで躓く。さっぱり分からない...

分からないと言えば、アメリカの選挙戦。アメリカの選挙は日本よりも面倒。日本だと、20歳になれば、勝手に選挙のお知らせが郵便で送られてくるけど、アメリカは違う。いちいち登録しなくてはならない。しかも、どこで登録していいのかも、イマイチ不明。この前に書いたアウトキャストアンドレ3000も、今回初めて選挙登録をしたと言っていた。29歳にして。うちのオヤジも同じ位の年だけど、やっぱり選挙はしたこと無い(恥ずかしい大人だ)。さすがに、こんな大人と一緒に住むのは嫌なので、今回は説教して登録させた。でも、今回の選挙ってちょっと盛り上がっているような気がする。前回は、あんまり興味無かったような気がしたけれど、今回は一般の人も「Go to Vote」なんてTシャツ着て、選挙の方法を説明してくれる人々を見た。前回のフロリダみたいな真似させないぞ...なんて、アメリカ人も思っているのかも?なんて、勝手に感じてみた。

アメリカの選挙の仕組みがイマイチ不明な点が多いのは、やっぱり前々から選挙に慣れている人々に選挙権を与えておきたい為だろうか?なんて、ちょっと勝手に感じてみた。

インターネットでは、結構アメリカの選挙の仕組みが分かるようになっているし、簡単に登録が出来るようにもしてくれている。けれど、インターネットが家庭に繋がっていない人々はどうなるんだろう?

今、イラクに居るアメリカ人の多くは「リザーブ」や「ナショナルガード」と言われる、所謂パートタイム軍人が多い。週末だけ訓練に参加したりする週末軍人の彼等だ。イラクが始まる前までは、おそらく普通の仕事をして、週末には軍の訓練に参加し、2つの仕事をしてきた人々が多い。また「GIビル」で、自分の大学費用を賄おうとして、イラクに行った人々もいるだろう。そういう人達の家族や本人が、選挙の仕組みを知っているのだろうか?今日で、イラク戦のアメリカ人の死者が1000人を超えた。その家族が、選挙の仕組みを知っているだろうか?または、選挙に行く気力が残っているだろうか?

アメリカには、分からせないようにしている事が多い気がしてきた...

7日付の英タイムズ紙に掲載された世論調査で、英国民の大半が、米大統領選でケリー民主党候補の勝利を望んでいることが分かった。

との事だけど、アメリカでのニュースは、未だ「ブッシュ有利」のニュースを読む。本当なのだろうか?

全然分からない!