SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

ロザリオ・ドーソン、逮捕される。

カテゴリーをブラックアクターとしたけれど、この「ブラック」の意味を「アフリカ系アメリカ人」にしてしまうと、彼女の場合はそれに入らない。IMDBによると、プエルトリコキューバ・アフリカン、アイリッシュネイティブ・アメリカンの血が入っている。昔のアメリカでは、アフリカ人の血が一滴でも入る*1と、「黒人=ブラック」になるので、キューバ・アフリカン(キューバのアフリカ系もアフリカからの奴隷)の血が入っているので、その点ではブラックになるのかもしれない。


そんな彼女が、逮捕された。逮捕されたと言っても、ドラックとかそんな下らない事じゃない。


アメリカでは、ニューヨークで共和党大会が開かれている事は、ニュース等でご存知だろう。また、そのニューヨークでは、共和党(主にブッシュ政権)に対する、抗議デモが毎日のように行われているのも、皆さんニュースでご存知でしょう。その抗議デモに、女優のロザリオ・ドーソンがニューヨークで映画撮影中に、参加し、逮捕された。


そのロザリオ・ドーソンって誰?って思っている人に、もっと詳しく。
スパイク・リーの映画「He Got Game/ラスト・ゲーム」では、本物のNBA選手レイ・アレンと共演し、レイ・アレンをお金の為に残酷にも振っていた。
「Light It Up」では、時のシンガー、アッシャーと共演したり、「Men In Black II」では、ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズに挟まれて、ヒロインを演じ、オリバー・ストーン監督の次回作「Alexander」では、コリン・ファレルと共演し、2人の間にロマンスがあったとか、なかったとか... ちょっと前には、「リデック」とのヴィン・ディーゼルとのロマンスも噂された。
ドーソンのお母さんが、プロのボーカリストだったので、ロザリオ自身にもその才能があるのか、女優なのに、ミュージシャンとも親交があるらしく、ファレル・ウィリアムスの「Frontin'」のビデオに出たり、アウトキャストの、アンドレ3000の曲「She Lives in My Lap」にも参加していた。(歌ってる訳じゃないけど)

デビューは、ラリー・クラーク監督の「KIDS」。ニューヨークのどこかのポーチで座っていた時に、スカウトされたのが、デビューのきっかけ。
またデビュー当時は「新進ブラック女優」として、エージェントが売り出したが、後になって本人が自分のヘリテージを上のように語った為、色々と憶測をよんだ。
けれど、そのように「ブラック」や「ホワイト」、「ヒスパニック(スペイン語圏の人々)」、「アジア」等と分けさせた、ハリウッドの仕組みが一番悪いのかも。

*1:参考映画作品-「ショーボート」