SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

映画秘宝 4月号

映画秘宝 4月号

映画秘宝 2021年4月号 [雑誌]

映画秘宝 2021年4月号 [雑誌]

  • 発売日: 2021/02/20
  • メディア: 雑誌
5/20(土)発売予定の映画秘宝 4月号にて、LL・クール・J&『ミナリ』&『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』について寄稿しております。

LL・クール・Jについては、『ディープ・ブルー』を中心に1500字も! 正直、書けるかな? と私も思いましたが、足りないくらいでしたよ。『ディープ・ブルー』のLLを嫌いな人なんていないですよねってことです。LLのカッコ良さが伝わればいいなーと。

『ミナリ』は、本当に一人でも多くの人に見てもらいたい作品です。オスカー候補になるかもしれないユン・ヨジョンを中心に書かせていただきました。南部に引っ越してきたアジア系家族ということで、私はかなり同じ環境ですから、思う事が沢山ありました。もう「そう!そう!」という感じなのです。私と違うところがあるとすると、農家を営んでいるということと、韓国系ということですかね。うちの近所に一軒だけあるアジア系食料品店が、韓国系夫婦が営んでいるのですが、その人たちにも「色々あっただろうなー」と思いながら観た。最近、そのお店にはBTS(と思われる)グッツが並んでいる。『ミナリ』では、ウィル・パットンも好演しているのだけど、文字数足りなくて触れられなかったけれど、写真キャプションでナイスアシストして頂きました。

『ラスト・フル・メジャー』は、所謂ベトナム戦争映画。だけど、他とは少し違うので面白い。ピッツェンバーガーが本当にカッコいい! 彼を演じたジェレミ―・アーヴァインもハンサムなので、カッコ良さが100倍増。心意気もハンサムで、真の英雄。という感じで、ちゃんと戦争映画だったりする。その割には、渋い俳優陣が出演していたりします。まあその辺は記事を読んで欲しいし、映画をしっかり見て欲しい。主役は、バッキーことセバスチャン・スタンです! 『アベンジャーズ』からは、ニック・フューリー大佐(サミュエル・L・ジャクソン)も出ていたりして、ウィリアム・ハートも出ているから、MCU俳優多いですね。

今回はサミュエル・L・ジャクソン多めですね。『ディープ・ブルー』といい、『ラスト・フル・メジャー』といい... 実はサムの叔父貴だけでなく、今回はリサ・ゲイ・ハミルトンも多めだったりする。『ラスト・フル・メジャー』だけでなく、『ハロウィンH20』でLLが電話を掛けていた奥さんがリサ・ゲイ・ハミルトン。

よろしくお願いいたします。