SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Project Power / プロジェクト・パワー (2020) 1767本目

パワー絶大なスター・パワー『プロジェクト・パワー』

ジェイミー・フォックス主演のスーパーヒーロー映画。ジェイミー・フォックスNetflix作品に出るのかー! というのが最初に思ったこと。とは言え、ウィル・スミスだってNetflix作品があるのだから、そうか当たり前か! とも思った。コロナ禍が始まってから益々Netflixの勢いが止まらない。その勢いを感じる作品となった。共演には、『(500)日のサマー』のジョセフ・ゴードン=レヴィット、『The Hate U Give / ヘイト・ユー・ギブ (2018)』のドミニーク・フィッシュバック。監督は、『パラノーマル・アクティビティ4』のヘンリー・ジュースト。

近未来のニューオリンズの真夜中に、「これこそパワーだ」と謎の「パワー」と呼ばれるカプセルが麻薬密売人たちに無料で配布された。それから日が経った頃、高校生のロビン(ドミニーク・フィッシュバック)は従兄弟ニュート(マシンガン・ケリー)から仕入れたパワーを売りさばいていた。パワーは5分間だけスーパーパワーを使えるカプセルだったのだ。パワーを狙った強盗に襲われそうになったが、ニューオリンズ警察のフランク(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が助けてくれた。フランクはロビンの顧客の1人だったのだ。そして、アート(ジェイミー・フォックス)がニューオリンズにやってきて、ビギーと呼ばれる男を探していた...

突っ込もうと思えば、突っ込み所のある物語ではあるけれど、私は好き。この3人の才能をビシバシ感じて、物語の穴も気にならなかったほど。特にドミニーク・フィッシュバックが素晴らしい。父親を欲し、アートと出会い、そして父親を思う気持ちに似たものを感じるけれど... そう簡単にはいかないですよね。ラストも凄く良かった。警察官ながら少し汚れた部分もありながら、それでもやっぱり正義感のあるジョセフ・ゴードン=レヴィットも良かった。そして、そして... ジェイミー・フォックスですよ! 彼はやっぱりオスカー俳優。ドミニーク・フィッシュバックとの距離感が凄く良かった。そして最近はよく映画のロケーションとして使われるニューオリンズ。『The Lovebirds / ラブバード (2020)』でも使われておりました。今回は、ニューオリンズ・セインツの試合後でファンが「Who Dat?」のあの有名なチャントが出てきましたね。そしてアートが冒頭でニューオリンズに来るシーンと、ニューオリンズを出るシーンがとても良かった。

主要キャスト3人のスターパワーをとても感じた作品。彼らの演技がこの映画を牽引し、面白くさせている。このパワーは絶大だ。

(4点/1767本目)
www.blackmovie-jp.com