SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Fatal Affair / 誘惑は死の香り (2020) 1765本目

Fatal cliche『誘惑は死の香り』

このようなセクシー系スリラー・サスペンス映画の時にいつも書いているけれど、なぜか人気のジャンルで毎年何本も作られる。今回は、『Boyz N The Hood / ボーイズ’ン・ザ・フッド (1991)』のニア・ロングと、『Juice / ジュース (1992)』のオマー・エプスが共演。この2人、90年代に共演して欲しかった!と思う。だからか、何となくノスタルジック。そんな訳で、Netflixにて配信。

男女が夜に抱き合い、女性が少し席を外した瞬間、男性がバスタブで血だらけになっていた... それから数年後、エリー(ニア・ロング)は弁護士として順調にキャリアを積んでいた。夫マーカス(スティーヴン・ビショップ)が以前に交通事故に遭い後遺症に悩み、エリーとはセックスレスだった。そんな中、大学時代の知人デイヴィッド(オマー・エプス)がエリーと仕事で一緒になる。仕事終わりに一緒に飲んでいるうちに、思い出話で良い感じになり、2人はキスしてしまう。その後夫への罪悪感で、エリーはデイヴィッドと距離を置こうとするが、デイヴィッドがしつこく付きまとうようになり...

と、ここまで読んで大体想像つく。その通りに事が動く。正直、私にはこのジャンルがなぜ人気があるのか分からない。実際にこの映画も配信第一週はトップ作品だった。大体が女性が誘惑されて、男性に追いかけられ、そして女性勝つ! という想像通りのストーリー展開。オマー・エプスの90年代は、私にとってアイドル的存在。『ジュース』とか『Higher Learning / ハイヤー・ラーニング (1995)』とか本当に素敵で憧れだったし、演技も上手かった。ゼロ世代でも『Love & Basketball / ワン・オン・ワン ファイナル・ゲーム (2000)』とか素晴らしかった。なのにこの作品では、そう思えなかった。

こういうありきたりな作品でも、『The Perfect Guy / パーフェクト・ガイ (2015)』の時のマイケル・イーリーのように振り切った面白さがあれば良かった。何か他とは違う面白さがあれば救われた。

(2.75点/1765本目)
www.blackmovie-jp.com