SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Becoming / マイ・ストーリー (2020) 1757本目

ミシェル・オバマはなぜ人気なのか?『マイ・ストーリー』

ミシェル・オバマ、前ファーストレディ。ミシェルの人気は凄まじい。特に黒人女性の間では支持率99%ではないかと思う。人気者ゆえアンチもいる。うちの近所で自家製のTシャツなどを売っている年配の女性がいる。つい先日、その店で、気になるモノを見つけた。傘なのだけど、何か写真が一杯入っている。広げてみたら、ミシェル・オバマだった!その横には同じ模様のミシェル・オバマ鞄。ちょっと笑ってしまったが、傘や鞄にしたくなるほどの人気なのだと納得した。そのミシェルが2018年に出したのが回想録『マイ・ストーリー』。本出版の契約金も、70億円近くと破格。そして権利を大金で獲得した出版社もウハウハな、全世界で1000万部を超す売れ行きで、2018年年間トップのベストセラーに!ならばと、バラク・オバマとミシェルが共同で設立した映画製作会社ハイヤー・グランドを通じて、『マイ・ストーリー』がドキュメンタリー映画に!Netflix配信。

ミシェル・オバマが『マイ・ストーリー』出版で行ったプロモーションツアーを主に追っている。その間にミシェルの生い立ちなどが語られ、そして普段のミシェルが伺える。最近、私は映画を観るとすぐに泣く。でも流石にこの映画では泣かないだろうと思っていた...が、まんまと泣いた。思えば、オバマが大統領選に出馬してからというもの、ミシェルは攻撃され続けていた。大統領になってからも、一般人だけでなく一部のマスコミからも酷い侮辱をうけ、ゴリラと比較されたりなんてこともあった。そんなの普通に辛い。考えないようにしても、ふと思い出せば怒りがこみ上げることだってあるだろう。でも、ミシェルは大統領夫人であることに終始徹した。英語で言うところの「Taking the high road(正攻法をとる)」。この映画では、普通の人と変わらないミシェルの姿が見えるから余計に大変さを感じてしまう。だから、自然と私の涙が出た。努力の人である。そして金言が沢山ある。

出来過ぎな位に素晴らしい人。だけど、それは努力の賜物だと知る。だから、私たちは勇気とか希望を貰える。

(4.5点:1757本目)
www.blackmovie-jp.com