SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
*映画秘宝 7月号にてスタンダップコメディと『ウォッチメン』について寄稿。(5/21/20)
*FRIDAYデジタルにて「新型コロナ ルポ・アメリカ南部のいま」というコラムを寄稿。(4/27/20)
*Cinra.netにて『黒い司法 0%からの奇跡』について寄稿。(2/28/20)
*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
過去記事

The Banker / ザ・バンカー (2019) 1747本目

只者ではない人たちが銀行を作ったサクセスストーリー『ザ・バンカー』

ブラックムービーには伝記モノが多い。そしてサクセスストーリーが非常に多い。随分前に、「黒人映画はサクセスストーリーの伝記映画ばかり」と、少し意地悪な書き方をした文に出会ったことがある。その人は「なぜ黒人映画にはサクセストーリーが多いのか?」と、根本的なことを考えたりしなかったのだろう? と、逆に私は思ったりした。差別うんぬん...という多くの人たちが煙たがる「常套句」をこの際置いておいても、絶対的に黒人は厳しい状況に置かれていることが多い。もちろん、最初から恵まれている黒人もいる。でも誰が見たって確実に厳しい状況なのは、いつも黒人やマイノリティの人々だ。その人たちが見て楽しい&勇気づけられるのは、いつだってサクセスストーリーである。あの厳しい状況でも屈せずに運命やら状況を変えていった主人公を見れば、「自分だって」と思ってしまう。とは言え、「いつも辛い状況で我慢して苦労しなくちゃいけない姿を見るのは嫌!」という人も居る。人それぞれなので仕方ない。この作品は、ゼロではないけれど、割りとそういう苦労は描かれていない。どちらかというと、「痛快に」成功を収めていくタイプの物語。主演のバーナード・ギャレッドにはアンソニー・マッキー、共演にはサミュエル・L・ジャクソン。アップルが最近始めたApple TV+のオリジナル作品。

1939年、テキサス州の小さな街の経済が集まる建物の近くで靴磨きをしていたバーナード少年。大人たちの会話を盗み聞きして、富を得るためにメモを一生懸命取っていた。1954年、バーナード・ギャレッド(アンソニー・マッキー)は、妻(ニア・ロング)のおじに仕事を紹介すると言われるが、不動産を始めると断る。黒人が不動産業なんてとビックリされるが、本気だった。とあるアパートを買おうとするが、資金が足りず、妻が働くクラブのオーナーであるジョー・モリス(サミュエル・L・ジャクソン)に話を持っていくが嫌われる。銀行でも門前払い。アパートの持ち主のバーカーは、バーナードの話を聞いて取引をする。順調に事が進んでいたが、バーナードに不幸があり、また振り戻しに戻る。バーナードは、ジョーに再び会いに行き、びっくりする提案をする。白人の知り合い(ニコラス・ホルト)を代理人にして、白人が所有するLAの大きなビルを2人が買収しようというものだった...

黒人であることを隠すというか、白人を代理人にしてしまうという大胆な方法で、成功していってしまうのです。もう「痛快」という言葉がぴったり。裏で手を引き富を手にするのは黒人であるバーナードとジョーだけど、表立っているのは白人の男性。見事なトリックですね。古い黒人民話のような面白さがある。「出し抜いている」感が痛快なのです。見た目だけを気にしていると、そうなるっていうことです。

Apple TV+の初陣を飾る作品として、この映画はオスカーを狙う予定だった。しかし、この映画の主人公であるバーナード・ギャレッドの息子がプロデュースに参加。しかし、彼が虐待していたと異母姉妹の告発により、全米公開が流れ、なんとか配信だけはされた作品である。オスカーを狙うだけあって、俳優たちの演技が素晴らしい。サミュエル・L・ジャクソンはいつもながら豪快であるが、主演を食わない程度に抑えていて、とても好感が持てる。何より、ちょっとやらしい(お金・女・欲といういろんな意味で)クラブのオーナー役だという説得力が凄い。ニコラス・ホルトのどこか頼りなさげで隙があるけど憎めない青年役も印象的。主役のアンソニー・マッキーも主演としての風格がある。真面目で努力家だけど、どこかずる賢い所が見え隠れする。そしてこの映画で使われているのは、たった2曲(多分)。レイ・チャールズスティービー・ワンダーの曲だけだ。その2曲が本作にピッタリで印象的である。

硬派で普通の伝記映画の顔して、実は小気味の良い胸がスッとする痛快サクセスストーリー。この映画自体が見事なトリックスター。只者ではない!

(4点:1747本目)
The Banker / ザ・バンカー (2019)