SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

映画秘宝 3月号

映画秘宝 3月号

今年も有り難いことに参加させて頂きました映画秘宝恒例の「映画秘宝ベスト10&トホホ映画」!!!2度目になりますが、本当に有り難いことです。年末、このメールが私の元に届くのか、どうか... かなりドキドキしながら待っております。無事に届くと、「私、今年も頑張ったな」とホッとする。

映画秘宝 2020年 03 月号 [雑誌]

という訳でぇぇえええええええ!私の1位はバレバレだと思いますが、2位以降をお楽しみにー!10月末までは、③がぶっちぎりの1位でした。

本当は、『A Season in France / 日本未公開 (2017)』を入れる気満々だったのですが、アメリカでは2018年に公開(と言っても限定だったので)していたので、泣く泣く外した。外さなかったら⑥くらい。⑩は入れちゃった。この映画、本当に好き!日本で去年の12月公開だけど、12月公開だからまあいいかなーと思って。でも、これからは1月公開で10月ぐらいにはDVDになっていると私的に助かります、Hiroさん!

『アラジン』を入れようかとも悩んだよ。ヒロインの女の子が可愛い。もちろんウィル・スミスも最高だったよ。公開前は色々言われたのに。

今年も割りとすんなり決まった。そして、今年はNetflix作品がいつもより多かった気がする。その代わり、私にしては日本未公開作品が減った。そういう時代だねーということで。それでも日本未公開作品を今年も紹介出来て満足。毎年、200字との戦いです!では、今年もよろしくお願いいたします。

ってぇええ下書きを書いておいたんですけどぉおおおおおおおおおおおおおおおぉおおおおおぉうぉうぉぅぉ....(嗚咽)私は連絡頂いたメールを読んで、マジで全身の魂と力が抜け落ちた。寝起きすぐにそのメールを読んだのですが、立つことが出来ず、ぼーっと一点を見つめていたらしい。夫に「ど、どうしたの?大丈夫?」と言われ、ようやく正気が戻った。あしたのジョーの灰になるって、こんな感じかも?と思った。この3月号が「とりあえず」の最後となる。寂しい。悲しい。そして悔しい。私なんて末席のライターですが、映画秘宝の編集部の皆さまの映画に対する愛と情熱を間近で感じていたので、私も悔しいのです。私の暑苦しいまでの作品に対する愛をぶつけ過ぎてしまい、いつも文字数を大幅に超えてしまっても、いつも暖かく受け止めてくれた編集部の皆さま。私は感謝してもしきれない。私のようなライターだけでなく、日本の映画関係者はみんなそう思っていると思う。その受け入れてくれる懐と器の大きさに救われた映画関係者&ファンは多いと思う。何度も書いていますが、映画秘宝さんに頂いた経験が私の宝です。ブラックムービーというニッチなジャンルをコンスタントに扱って頂いたのは映画秘宝さんだけ。「ブラックムービーばっかり見て」と陰口というか、実際に「日本人が黒人の勉強しても仕方ない」とか言われたこともある。なので、自分でも私がやっていることは無駄なことなのかもしれないと悩んだこともある。そんな時に届いたのが、映画秘宝の編集部からのメールでした。その時に「あ、私みたいのが居ても良いんだな」って思って、凄く救われました。本当に毎回楽しく書かせて頂きました。でも、もっともっと書きたかったというのが本音です。面白い映画を観た時にはいつも「嗚呼、これを映画秘宝さんで書きたい!紹介したい!」と毎回思えたことも、私は幸せでした。大好きです!私みたいな者に素晴らしい機会を頂きまして、ありがとうございました!!!
繰り返しになりますが、これが最後だと、私は思っておりません。絶対に帰ってくると信じて待っています。なのでそれまでまた沢山の面白い映画を観てニヤニヤしながら「これを映画秘宝さんで紹介したいなー」という作品を沢山貯め込んで待っております!なので、私らしいこの言葉で....
映画秘宝フォーエバー!!!!!!!