SOUL * BLACK MOVIE

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

オリヴィア・コール

Roots / ルーツ (1977) (TV)』にてクンタ・キンテの孫チキン・ジョージの妻マチルダ役を演じたオリヴィア・コールが1/19にメキシコにして心臓発作により他界した。75歳だった。

テネシー州メンフィスで生まれ、その後にニューヨークに移動。NYの高校を卒業後に地元の超名門バード大学に入学。その時に奨学金を得て、ロンドンの王立演劇学校に入学し、1964年卒業。アメリカに戻り、ミネソタ大学にて舞台とスカンディナビア研究で修士を取得。人気昼ドラの『ガイディング・ライト』のレギュラーを得て1969年にデビュー。その後に『ルーツ』に出演。マチルダ役でドラマ&コメディ部門ゲスト助演女優賞(現在のゲスト女優賞ドラマ部門)のエミー賞も獲得。黒人女優として同カテゴリーの初受賞となった。1979年には、同じ『ルーツ』でキジーレスリー・アガムスとチキン・ジョージ役のルイ・ゴセット・ジュニア(つまりマチルダの夫と義母)と再共演した『Backstairs at the White House / ホワイト・ハウス (1979) (TV)』に出演し、エミー賞にノミネートしている。

TVシリーズに映画に舞台と活躍していたが、1995年に引退。アイス・キューブ主演のコメディ『First Sunday / 悪党(ワル)にもラブソングを! (2008)』にて復帰。

私生活では、名バイプレイヤーのリチャード・ヴェンチャーと1971年に結婚。当時のハリウッドでは珍しいインターレイシャルカップルで話題になった。しかし1984年に離婚している。

私は『ルーツ』だけでなく、『The Sky Is Gray / 日本未公開 (1980)』や『Go Tell It on the Mountain / 日本未公開 (1985)』の演技が大好きでした!お母さん役が多くて、凛とした芯の強い女性像がとても上手かった。日本で言うなら八千草薫のような存在がオリヴィア・コール。

沢山の素晴らしい作品をありがとうございました。安らかに。

Olivia Cole (オリヴィア・コール)
Olivia Cole, Award-Winning ‘Roots’ Actress, Is Dead at 75 - The New York Times