SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

なんじゃああああこれぇええええええ!!!2017年最大級の名作『マッドバウンド』

映画って色んな種類がある。誰もが分かる映画、誰もが笑える映画、誰もが共感できる映画、誰もがスカっとする映画、誰もが憧れる映画、誰もが好きになっちゃうキャラがいる映画、誰もが鑑賞後に大友になりきって「ばかやろー、このやろー」言いたくなる映画、誰もが琥珀さんを頼りたくなる映画... とは逆に、誰もが完全に理解するのが難しい映画もある。本作品は、その種類の映画の一つだと思われる。でもその難しい壁を越えて分かった時、とんでもない感動とか共感とかスカっとや好きになっちゃうキャラとか「ばかやろー、このやろー」とかメアリー・J姐さんを頼りたくなる気持ちが一気に押し寄せてくる。これは凄い!もう先にハッキリと書いちゃうけれど、2017年の名作!

ミシシッピ州のとんでもない田舎の泥地。男性2人が大きな穴を掘っていた。どうやら彼らの父親の墓らしい。男は兄のヘンリー(ジェイソン・クラーク)と弟のジェイミー(ギャレット・ヘドランド)。兄が動くのは口だけで、もっぱら弟のジェイミーが穴掘りをしていた。嵐がやってきてジェイミーは危うく溺れて死にそうになる。次の朝、父(ジョナサン・バンクス)のお棺を埋めようとしたが、2人では無理そうだった。そこに偶然馬車で通りかかったジャクソン家。家長の父ハップ(ロブ・モーガン)と母フローレンス(メアリー・J・ブライジ)を筆頭に、後はまだティーンの息子や娘たちが乗っていた。ヘンリーが駆け寄り、手を貸してほしいとハップに半ば強制的な口調で頼む。その様子を見ていたヘンリーと結婚したローラ(キャリー・マリガン)が、ヘンリーやジャクソン家の出会いを回想していく... ジャクソン家は代々続く貧しいシェアクロッパーの農家で、ローラはテネシー州メンフィスに住む内気な31歳のバージンだったが、ヘンリーに見初められヘンリーを愛していた訳じゃないが結婚し、ミシシッピ州に強制的にやってきた。弟のジェイミーとは会話が弾み波長も合うので唯一の楽しみ。そして時代は世界第2次世界大戦へと突入。ジェイミーはパイロットとして参加。ジャクソン家の長男ロンゼル(ジェイソン・ミッチェル)も陸軍兵として参加する事になった...

あああああぁあああ...もう上のプロット書いているだけで、涙目。御覧になっていない方は、なんでだよ!って思うかもですが、この上の部分からをなぞるラストが凄いのです。映画では良くある手法ですよね。ラストで冒頭シーンに戻る的な。映画では100万回程観てきましたよね!でもこの映画は、その戻った時の上手さが世界一。ただなぞるだけじゃないんですよ。冒頭でそのシーンを観た時の観客の感情と、またラストでそのシーンを観た時の感情が全く違うし、嗚呼ぁあああー!と色んな事が点と点で結ばれてしまい、もうそこからずっと涙ですよ。私、涙止まりませんでした。この映画には無駄な所なんて一切ない。ハップが読む聖書がキングジェームスバージョンのヨブ記。これはね、ヘンリーとジェイミーの父への言葉と思わせておいて、聞いているローラとかジェイミーにはハップ自身の事を言っているのが分かってしまうのですよ。ローラとジェイミーの表情と、ヘンリーの表情の差ね!というのもヨブ記は、小学館デジタル大辞泉によれば「義人ヨブが罪なくして子・財産・健康を失うが、絶望的苦悩のうちにあってなお神を求め、その信仰によってすべてが回復せられ神の祝福を受ける物語」とある。これは決してヘンリーとジェイミーの父ではなく、ハップ自身の事なのですよ。ってね、分かる人には「なんじゃああああこれぇええええええ!!!」となり大興奮する訳です。分からない人は、ああ貧しい何だか泥だらけの汚い南部の話だなと。

この映画ではウィリアム・フォークナーの世界も垣間見られる。アメリカ南部の文豪ですね。ウィリアム・フォークナーと言えば、ジェームス・フランコフランコ兄は彼の作品を絶賛映画化中。きっとこの映画はフランコ兄が観たら悔しがるだろうと。「これだよ、これ!俺がやりたいのは!」と。ちなみにサイゾーさんでアーロン・ウルフォーク監督に話しを伺っている時に、監督もこの映画は見たい!と楽しみにしていた作品。最後に聞いた時には、忙しくてまだ未見のようだったけれど、観れたかな?

頼りたくなるメアリー・J・ブライジ姐さんの演技が、様々な賞で絶賛されております。私はキャリー・マリガンの脆い女性も好きだよ。最後は本当に良く分かる。そうなるわさ!酷い旦那を演じたジェイソン・クラークも流石に上手い。ジェイソン・クラーク、私は彼の演技が好きなんですよね。ジェイソン・ミッチェルは、イージーEとかの突発的な男像だけじゃないっていうのもよーく分かって良かった。そしてハップ父さん...足ぃいいいい...( ;∀;)あのやろー、ばかやろー!それにしても籠編んでる姿が可愛すぎた。キュンとしたわ。

皆さんも壁越えてみませんか?
Mudbound / マッドバウンド 哀しき友情 (2017)(5点満点:1607本目)