SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

鬱憤たまるYo『Waters Rising』

さ、トランプの鬱憤が溜まっているので、盛大にどどどーーーんと悪口でも書くかぁーと思い、この前のプエルトリコのを絡めれば書きやすいかな?と、手に取ったのがこのハリケーンカトリーナを題材にした?筈のこの映画。ハリケーンカトリーナとは、ブッシュw(←ブッシュ、笑えるー、(笑)、ワラ、草とかじゃなくて、パパ・ブッシュとの差別化でミドルイニシャルのw)政権時代の2005年の8月末にニューオリンズミシシッピー州を襲い大きな被害を及ぼした大型ハリケーン。この対応の悪さからブッシュwが批判を浴び、Kanye Westがチャリティ番組で「ジョージ・ブッシュは黒人の事を気にかけてはいない」と発言した事もありましたね。あれからもう12年。

ルイジアナ州ニューオリンズ。元々殺人事件が多いこの町に「ギャングスター」のニックネームを持つショーン(マイケル・アンソニー・ジャクソン)と「キラ(殺し屋)」と呼ばれている弟(アンドレ・ノエル)が居た。彼らの父がいつも銃を抱え犯罪に手を染めていて、その末にギャングスターもキラも小さい頃に殺されて死んだ。生活が苦しくなった2人の母親は、麻薬に溺れ中毒になっていく。そんな2人は、母が売春した相手を父の銃で殺した事から犯罪に手を染めていく。そして成長したギャングスターとキラ。ギャングスターには小さい頃から付き合っていた隣人の女の子カトリーナ(カレン・イェルヴァ―トン)が居た。高級車を盗んだ後、大金をそのカトリーナに託して、ギャングスターは警察に捕まった。ギャングスターが出所したのは、ハリケーンカトリーナがやってくる5日前、2005年8月25日だった...

私の中である法則があって、↑の映画の内容をまとめるのが難しい映画こそ、大抵駄作。『Get Out / ゲット・アウト (2017)』のように最初から伏線をバンバン張ってきて、どうネタバレ回避で書こうかな?という書き難さではなく、ただ単に内容がゼロな為と変な時系列で書き難い場合は、大抵駄作!まあ、出演者も誰?って感じだし、監督も誰?という感じだし、DVDジャケってどうなの?って感じだし、察してはいたよ。でもそれでも面白い映画の時もあったりするので、ひょっとしたら?という楽しみはあったよ。でもね、ぜーんぜん無かった!っていうか、ハリケーンカトリーナ、ほぼ関係ない!ただその時期に出所して、新たなトラブルが起きて...ってだけじゃないですか!最初に「ハリケーンカトリーナで命拾いした」と出たので、どんな感じで?と思っていた。JDは元々ギャングスターを殺す気は無かったでしょ?キラと一緒にJDに捕まってるし。

この物語、実在した人の物語。ケブラン・”キラ”・ウィリアムスという人。この映画にも出ていたDirtという人とラップもやっていた。このDVDを出したマーベリックスYoutubeでそのMVをアップしているのでどうぞ。

えっと、映画もこんな感じがずっと続きます。

でも、ケブラン・”キラ”・ウィリアムスで検索すると、テレンス・”ギャングスタ”・ウィリアムスが出てくる。こちらのギャングスタの方は、キャッシュ・マネー・レコーズ(ニューオリンズ設立)の関係者。バードマンとスリムのハーフブラザーで、キャッシュ・マネー設立時にお金も出している。でもよーく調べても、なぜケブランを検索すると出てくるのか良く分からない。

で、結局、トランプの悪口は書けないし...キャッシュ・マネーは関係あるのかないのか分からないし...鬱憤だけが溜まりました...(´・ω・`)

あ、君が雨の中歩いているのを見かけたよの「The Rain」のオラン・”ジュース”・ジョーンズが車取られる男性役で出ているよー。しかもサントラにまで参加している!

Waters Rising / 日本未公開 (2007)(2点:1591本目)