SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
*映画秘宝 7月号にてスタンダップコメディと『ウォッチメン』について寄稿。(5/21/20)
*FRIDAYデジタルにて「新型コロナ ルポ・アメリカ南部のいま」というコラムを寄稿。(4/27/20)
*Cinra.netにて『黒い司法 0%からの奇跡』について寄稿。(2/28/20)
*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
過去記事

真白勇征は世界ドラマ史上最高な王子様説

私は今年に入るまで町田啓太という俳優を知らなかった事をとても悔やんでいる。何年か前に玉木宏の作品を観てからというもの、それまで日本の俳優やドラマや作品に全くと言って興味の無かった私が熱病にかかったように夢中になった。新しい世界を観て知っていくのは、元々怖いもの知らずで新しい経験をするのが好きな私には楽しくて仕方ない事だった。それでも色々な事情もあるし、全てを追うのは不可能に近いし、そこまでする必要もないだろう。だけど、『スミカスミレ』をリアルタイムで観ていなかった事をこんなに悔やんだ事はない。その『スミカスミレ』で町田啓太という俳優が演じた真白勇征は、世界で一番王子様に近い完璧な男性キャラクターであった。これまで日本、アメリカ、イギリス、カナダ、フランス、イタリア、アフリカ全般、中国、etc...と世界各地の映画を死ぬほど観てきた私だけれど、それでもやっぱり真白勇征が絶対にナンバーワン王子様である。それをこれから力説したい。と言え、本当は「真白勇征は世界ドラマ史上最高な王子様説」という新書を書きたい位にネタはあるので、そのスニペット的に少しだけ。

<まず『スミカスミレ』とは?>
その前に『スミカスミレ』とはどんなドラマなのか?から。テレビ朝日の「金曜ナイトドラマ」で放送された1時間ドラマ。主演は『ヒロイン失格』の桐谷美玲。原作は高梨みつばの同タイトルの漫画だが、設定は若干変えられている。
厳しかった父と実家の花屋の手伝いと高齢の母の看病などで65歳まで男性と付き合う事の無かった如月澄(松坂慶子)。母が亡くなり、いよいよ一人に。そんな時にふと自分の人生を振り返る。受かった大学にも父の一声で通えなかった澄。母の遺影の写真を探すために納屋に入り、そこで見つけたのが小さい頃に見かけた屏風。燕子花と黒猫が描かれていた。懐かしさもあって家の中に久々に飾る事にした。その前で自分の若かった頃の写真や大学合格通知を前にしていたら、うとうとしてしまう。そんな時に男性の声で「お前の望みはなんだ?」と声を掛けられる。夢だと思っている澄は「人生をやり直す事...」と答える。朝起きると澄は20歳のピチピチの女性スミレ(桐谷美玲)となっていた。そして黎(及川光博)と名乗る和服の男が居た。黎の手続きにより、大学に通い始めるスミレ。戸惑う事ばかりだったが、出会った真白勇征(町田啓太)に色々と助けてもらい...

というファンタジードラマ。主人公の相手役である真白勇征(以下真白くん...「同級生なんだからさん付けじゃなくていいよ」)は、1話目からグイグイと絡んでいきます。

<真白勇征とは?>
黎さんの黒革手帳によると、「真白勇征、椿丘大学文学部所属2年生、21歳、4月3日生まれ、血液型O型。自宅は900坪の豪邸。一人息子で、家族は両親のみ。父親は地元企業社長兼、市議会員を務める有力者。椿丘大学には一浪して入学してますが、成績は非常に優秀です。容姿、お人柄、更に家柄まで申し分のないご相手です」という事だ。真白くんのご実家は何度も劇中も出てくるが、本当に凄い豪邸。4話の最後に真白くんが颯爽と玄関門までスミレを迎えに来るシーンが見物。その時、初めて真白くんの実家を見たスミレが口をポカーンとしていたが、あれが本当なら私も口をポカーンとするレベルの豪邸だ。それもその筈、松本記念音楽迎賓館が真白家として描かれているのだから。

そんな正真正銘のお坊ちゃまでありながら...これがあるから真白くん最高説を力説したいのだが...真白くんは大学の講義後、倉庫で友人の辻井(竹内涼真)と力仕事のアルバイトをしている。劇中から察するに恐らく週3-4回のバイトである。回が進むにつれ、スミレとデートする真白くんだが、バイトで一生懸命貯めたお金を使っている。1泊旅行までするが、新幹線代から宿泊代まで全て真白くん持ち。そして本人は「安物だけど」と言っていたが、オープンハートのネックレスまでプレゼントしている。親には頼らない自分が汗を流したお金でスミレを喜ばす事を考えている。真白くんの言葉を借りれば「そんなの何かしてあげたいからに決まってるじゃん」との事。どこまで素敵な男性なのだろう...

真白くんを良く知るのにもう一つ良い例がある。真白くんの事を好きな女の子である幸坂亜梨紗の存在だ。子分を2人抱え、確実に大学ヒエラルキーの中のトップに存在し、ルックスも可愛い女の子。幸坂は、真白くんに近づく女性たちを学校内の権力を使って嫌がらせをしている。そんな幸坂に真白くんは言う時は言うし、断固とした態度も見せる。3話目の遊園地デートでそれは著しく見れるが、1話目から幸坂の目の前でスミレの手を引くなど、この態度は最初からブレていない。あと忘れてはならないが、6話目の「余計な詮索するなよ!」のシーンですね。絶対に怒らない真白くんが唯一怒ったシーン。もちろんスミレを守る為。

そして最終回。正直、爆笑した。「え?」と、困惑しつつ爆笑させてもらった。特にタクシーのシーンは今でも声出して笑っている。だけど...真白くんの「彼女は...(ネタバレの為省略)キリッ」の後からは、とんでもない位ロマンチックな名台詞が飛び出す。あの黎さんですらビックリしてしまう感動シーン。そしてこちらをニヤつかせる甘ーーーーーいラストシーン。撮影中の2人は照れまくっていたらしいが、2人が頑張ってくれて私は嬉しい。だってこんなに人を幸せな気分にしてくれるラストは無い!という程に完璧なラストだったから。あのラストは「いいドラマを観た」と、そう心から思わせてくれた。

<町田啓太とは?>
所で、そんな真白くんを演じた町田啓太くんは、この真白くん役のお話しがきた時に自分がこの役を上手く出来るか悩んだという事だ。『スミカスミレ』のDVD特典映像の中でヒロインを演じた桐谷美玲ちゃんも「町田くんは普段から真白くんで、悩んでいたというのはビックリした」と言っていたが、私も驚いた。というか、私は真白くんの町田くんが初見(本当はGTOのチョイ役だが認識出来る役では)だったので、てっきりこういう人なのだとすんなり認識出来た。で、このドラマを見てから町田くんの出演作品を手あたり次第に見て、今やっと8-9割程見れたと思う。そうしてやっと町田くんの役作りの苦悩が分かった。どちらかというと、『スミカスミレ』以前の町田くんが演じてきた役は粗野でぶっきら棒で不愛想な役が多かった。私に至っては、ドラマ『スミカスミレ』→ドラマ&映画『HiGH&LOW』→映画『スキマスキ』の順番で見てしまったので、役のふり幅の広さと見た目の違いに頭がぶっ飛んでしまった。真白くんと『スキマスキ』の超おバカな大学生ヘイサクが同一人物とどうしても思えず&認識できず、「あれ?町田くん出てないじゃん!」位に思った程だ。でも、それ故に町田啓太という俳優に興味を持ち、惹かれた。その他、人狼兄弟からイケメンだけどヤ×ザな取立て屋に売り出し中の若手俳優に母思いのお化けにカーボーイに憧れる旅館の息子から寝癖の酷い理系男子という相変わらずのふり幅を見せてくれている。たまに町田くんが劇団Exileなのが汚点と書いている人を見かけるが、私はそうは思わない。悪役も引き受ける劇団Exileだからこそ、町田くんはこのように幅広い役を貰え演じる事が出来た。良い人も悪い人も演じられる、それこそ役者冥利に尽きる。そして何より劇団Exileに居る事で、『HiGH&LOW』をはじめとするアクション作品に多数出演し、その身体能力の高さも見せてくれているのだ。『シュガーレス』のハイキックは、ジャン=クロード・ヴァン・ダムに次ぐ美しいハイキックだ。
そして町田啓太を語る故で欠かせないのが、元Generationsだという事。Exile三代目J Soul Brothersに続く白濱亜嵐や関口メンディーが所属するグループ。町田くんがバリバリに踊る当時の映像がYoutubeに残っているので、町田啓太で検索して欲しい。これまたどれが町田くんですか?という風に別の顔を見せてくれている。

何というか、町田啓太が演じた真白勇征は、私が凄く小さい頃に見て夢みた漫画の世界の王子様をギュッと凝縮させ現在にマッチさせ甦らせた王子様。『キャンディ・キャンディ』(古くてごめん)のアンソニーとかテリィとかステアとかアーチーとかの良い所をギュっとね。ならば、及川光博が演じた黎さんはアルバートさんやジョルジュのような存在。ヒロインを幸せにする王子様が真白くんで、ヒロインを助けるナイト(騎士)が黎さんだった。及川さんの黎さんにはあまり触れていないけれど、本当に素敵で素晴らしいし、ヒロインの桐谷美玲ちゃんが2人に惚れられるのが当たり前な程可愛いし、松坂慶子さんはチャーミングで本当に素敵。そして4話はスミレと真白くんの自撮りやおでこに...がという神シーンがあるけれど、「よっちゃんの回」とファンの間では呼ばれているほど、澄と学生時代の親友よっちゃん(立石涼子/反町GTO教頭ネジネジの奥様役)との絡みが感動的で、ドラマとしても最高だ。

という訳で、この4000字弱でどれだけ真白勇征と町田啓太の魅力をお伝え出来たか分からないけれど、とにかく読んでくれた方がちょっとでも『スミカスミレ』観てみようかな?と思ってくれただけでも嬉しい。そして今日の写真は私が「霊長類最強のバックハグ」と呼んでいる写真。

最初に書いた通り、新書「真白勇征は世界ドラマ史上最高な王子様説」を書きたい位にネタはある。例えば、真白くんが遊園地デートの時にクレープを食べた瞬間に肩を上げて喜んだ所、真白くんのセリフの端々に「ふふふ」や「ぐふ」が漏れている所(町田くんの他の作品には絶対にない)、真白くんのボデータッチ(黎さん風)、真白くんとアンディ(愛犬)の仲、真白くんの筆入れに見るスミレへの愛、真白くんの寝顔シリーズ、真白くんの倒れ方シリーズ、遮られて言えなかった真白くんの言葉の数々...などなどでそれぞれ一章ずつ書ける程に書きたい事は山ほどある。

と、ブラックムービーが好きでこのブログ読んで下さっている購読者の皆さんを困惑させていると思う(今回だけなので許してー!)。全く興味が無かった私をここまで饒舌にさせるほどの魅力がある真白勇征と町田啓太なのでした。