SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

もうすぐ50歳になるマイケル・ジェイ・ホワイトの筋肉美『S.W.A.T. アンダーシージ』

マイケル・ジェイ・ホワイト先生案件。まあ早速観てみた。期待は全くしてなかったけれど!いや、MJW先生には毎回期待はしている。けれど、今回クレジット3番目なので、そこまで出てないだろうなーという不安要素たっぷりな感じで期待は薄かった。まあ大体が想像通り。でも、思わぬ拾い物もあったりで...

7月4日、アメリカの独立記念日の朝。休日でお休みな筈なのに、電話で呼び出されたトラヴィス(サム・ジェーガー)。トラヴィスは、シアトルのS.W.A.T.隊員の一人だった。呼び出されたのは、DEA(麻薬取締局)への協力だった。彼らはウェアハウスに向かうと、激しい銃撃戦となった。隊員も何人か亡くなった。そのウェアハウスのコンテナの中から、男が繋がれて見つかった。男はスコーピオン(マイケル・ジェイ・ホワイト)。取りあえずS.W.A.T.の留置所に居れておくが、なぜか次々と怪しい人物たちがスコーピオンを狙い始め、そしてついにはS.W.A.T.基地が襲われ、包囲されていた...

と、こんな感じなのですが、いちようサイドストーリーにトラヴィスの仕事が忙しくて妻と上手くいってないとか、色々あるけど、そんなのどーでもいい!もうね、突っ込む所が多すぎ!S.W.A.T.の基地の窓とかコンピューターでシールド出来るようになっている癖に、肝心の入口のセキュリティポイントのセキュリティが甘すぎる!あれは普通の企業、もしくはアメリカであるゲート付きコミュニティほどのセキュリティの甘さ!入口からビルまでも近すぎで意味ないわ。って、私は米軍の厳しーーーーいセキュリティが身についているので、もどかしい。私の方がもうちょっとまともなセキュリティの映画作れるわ!とちょっと思った。もうあの時点で馬鹿にしながらこの映画観てました。

あと、この映画にありがちな女性たちの露出ね。みんな基本が線の細ーーーっいスパゲティ・トップね。しかもピチピチタイプ。制服か!って感じ。

ま、そんな事より。MJW先生!そこそこ出てきて、そこそこ筋肉使って戦ってはいた。ので50点位でしょうか?上で書いているように繋がられていたので、その時はなぜか上半身裸なので先生の筋肉を堪能出来ました。『ユニバーサル・ソルジャー/ザ・リターン』の時にも芸術的な筋肉だなって惚れ惚れしましたが、もうすぐ御年50歳!になっても、より一層筋肉が隆々としていて更に美しくなっておりました。今日の写真ではカバーしてちょっと勿体ぶっておりますが、劇中では脱いでおりますので、映画で堪能されたし!

で、最初に書いた拾い物。上で書いたセキュリティが甘い入口のセキュリティのアンジェラ役の女性が素敵だった!カッコいい!ケン・ワタナービが「ゴジラ!」って言っていた方の『ゴジラ』にもチョイ役で出ていたみたい。セリフとか笑いました。MJW先生、この女性と2人でバリバリにアクションする映画作って欲しい!

S.W.A.T.: Under Siege / S.W.A.T. アンダーシージ (2017)(2.75点:1573本目)
S.W.A.T.: Under Siege (2017) - IMDb