SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

電話もくれないあの人に是非観てもらいたい『Maurie』

あー、もうダメ!涙こらえきれない。こういう頑張った人が報われない物語、本当ーーーに弱い!すぐ泣いちゃう。という訳で...先日、NBAが初めてNBAアワードとして、MVPなどの発表をアワード形式に変更し、放送されましたね!いやー、うちのラッセル・ウエストブルックがMVPで誇らしい!嬉しい!いよっ!リーダー!!と、話を戻しましょう。その時に一緒に発表されたのが、「トゥィマンとストークス チームメイト・オブ・ザ・イヤー賞」でした。まだ5年目の賞で、理想的なチームメイトに与えられる賞。今回はベテランのダーク・ノビツキーが受賞。その賞の冠に名前が入っているのが、今回の映画の主役。モーリス・ストークスとジャック・トゥィマンです。

時代は1950年代。黒人選手がやっとNBAに参加できるようになった頃で、後半はビル・ラッセルやウィルト・チェンバレンという選手が出てきた頃。シンシナティ・ロイヤルズ(現サクラメント・キングス)で活躍していたのがモーリス・ストークス(バーニー・ケイシー)だった。得点能力とリバウンド力に優れ、後のマジック・ジョンソンとデニス・ロドマンを足したような優秀な選手で、ルーキー時代にはルーキー・オブ・ザ・イヤーにも輝いた期待の黒人選手だった。所が、シーズンの最終試合中にリバウンドを取ろうとして相手の選手ともつれ、頭を強く打った。意識を失ったが、その時は何の症状もなく、試合に復帰。所が移動中の飛行機の中で容体が急変。その後はずっと病院生活となった選手だった。たった24歳の頃の出来事。高額な医療費を払えないストークスの両親(ストークスはまだ若く結婚もしていなかった)の代わりに、医療費から介護まですべての面倒を見たのが、ロイヤルズのチームメイトで親友だったジャック・トゥィマン(ボー・スヴェンソン)だった... という涙なしには聞けない物語を映画化。そりゃ、賞に冠名つきますよね!!っていう。

Final Shot: The Hank Gathers Story / 涙のダンクシュート/ハンク・ギャザース物語 (1992) (TV)』のハンク・ギャザースも同じようにもつれて頭を打ち亡くなってしまった。っていうのを思い出してしまいました。NBAも危険なんだよね。真剣だからこそ危険な部分もある。

そして結婚はしていなかったけれど、恋人はいたので、その人との関係が物凄く辛かった。ストークス側の気持ちと、その彼女側の気持ちのズレ。両方の気持ちが痛い程伝わってきた。あれは辛い。元NFL選手で、怪我や選手生活の苦労を痛い程理解しているであろうバーニー・ケイシーが好演。で、シンシナティ・ロイヤルズと言えば、我らラッセル・ウエストブルックのトリプルダブル記録の先駆者オスカー・ロバートソン!オスカーはストークスが倒れた2年後にロイヤルズに加入。ストークスの後輩として、ある辛い使命を継ぐことに... オスカーを演じたのが、先日惜しくも他界したJi-Tu Cumbuka (ジ=ツ・カンブカ)。この映画って始まる前に「今貴方が観ようとしている事は全て実話です」って出るんだけど、オスカーとのアレも本当なのかな?辛い...

映画自体は、この時代特有の展開がゆったり過ぎる悪さはあるのですが、逆にこの時代特有の感情的・感傷的な部分が多々あり、良くも悪くもこれこそザ・70年代映画!っていう感じです。でも、超泣いちゃうんだよねー。涙ボロボロ。若いNBA選手とファンにこそ観てもらいたい。特に、移籍するのにチームメイトに電話一本もよこさない&超仲良かったくせに「友達じゃない」なんて言うあの男に!!!!!!(激おこ)ジャック・トゥィマンの爪の垢を煎じて飲ませてあげたい。って位、スポーツマンシップの良さが描かれた感動作品です!

Maurie / ビッグ・モー (1973)(1567本目:4点)