SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

TAKE THAT! TAKE THAT! ディディのバッド・ボーイ物語『Can't Stop, Won't Stop: A Bad Boy Story』

1993年、ショーン・コムズ事、パフ・ダディ(当時)はインターン時代から働かせてもらっていたレコード会社のアップタウンを首になる。アップタウンでは、メアリー・J・ブライジジョデシィという人たちを成功させたが、頭にきて男性を殴って解雇された。音楽とビジネスの臭覚に長けたパフ・ダディは、新人のラッパーだったノートリアス・BIGとクレイグ・マックを引き連れ自ら音楽レーベル会社「バッド・ボーイ・レコーズ」を設立。会社にとって初リリースとなったクレイグ・マックのシングル「Flava In Ya Ear」がいきなりの大ヒットし...

バレているとは思いますが、西vs東、2パックvsビギー...だったら、当時から完全に2パック派でした。もちろんビギーも好きよ。どっちかと言えばの話。とはいえ、私にとってのバッド・ボーイは112とニュー・エディションですね(マリオ・ワイナンスはバット・ボーイじゃない方が好き)。そして西か東というより、南が好き!な私には8Ball & MJGですよ!初期の頃の方が断然に好きですが、彼らがバッド・ボーイから出した「Living Legends」もそこそこ好き。ニュー・エディションも同じくMCA時代の方が断然に好きだけど、バッド・ボーイズで出したアルバムもそこそこ好き。ジャム&ルイスの「Re-Write the Memories」と「Newness」だけは今でもヘビロテで聞く。ビギーやメアリー・Jとかジョデシィとか見つけてきてプロデュースするあたりは、やっぱりディディ(現在)は才能はある。でも、今でも第一線で頑張っているのは、メアリー・J位。ディディの所は消耗品的な所があるなって前から思っていた。良いアーティストを探してくるけれど、みんな長続きしない。みんなアルバム1枚か2枚で去っていく。3枚まで作ったのはフェイスと112、そしてディディ本人。という訳で、このレーベルも色々とあったんだろうなーとは思う。特にお金が絡むと「Mo Money Mo Problems」なのでしょう。私もShyneの件はまだディディを許した訳じゃない。

そんな色々な事を乗り越えて、ディディはバッド・ボーイズのリユニオンツアーを目論む。トータルに至っては、10年以上ぶりのステージ。そんなトータルにも容赦なくディディは厳しい注文を付けていく。このリユニオンツアーを任されたのが、『In Living Color / 日本未放送 (1990-1994)』の元フライガールで、マイケル・ジャクソンの振付も担当したロリーアン・ギブソン。このドキュメンタリーは、そんなバッド・ボーイズ・レコーズが出来ていく所、そして去年2016年に行われたリユニオンツアーの舞台裏を、当時の映像やインタビューで振り返っていく。参加しないクレイグ・マックにスタッフが電話しているシーンとか、ディディのジェームス・ブラウンニーナ・シモンに心酔している所とかは面白い。

とにかくすごいスピードで展開していく。そこもうちょっと見たいんだけど?や、そこは本来の音でいこうか?と思ってしまう観客をも置いていくスピード感。特にDMXがドラムセットに座った所は、とても絵になっていたので、もうちょっと見せてよ!とは思った。

完全にパフ・ダディのPディディによるディディとショーン・コムズのためのドキュメンタリー。

Can't Stop, Won't Stop: A Bad Boy Story / 日本未公開 (2017)(3.5点:1562本目)