SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

キンボ・スライス

こんなに立て続けに訃報を書く事になるなんて、本当に信じられない。というか、信じたくない。MMAや映画などで活躍したキンボ・スライスが他界した。42歳。月曜に病院に運ばれ、そのまま亡くなってしまった。

アンダーグラウンドのストリート・ファイターとして名をはせ、Youtubeなどで人気となったキンボ。元々はプロのフットボール選手を目指していて、高校では活躍し、地元の名門マイアミ大学奨学金まで得た。NFLマイアミ・ドルフィンズの練習スクワッドには参加していたが、ファーストチームに入れず、夢破れた。友人の伝手でアダルトビデオ会社のボディガードなどをやり、その後アンダーグラウンドのファイターとして活路を見出した。その後はMMAの世界で活躍。ボクサーに転身し、7戦無敗。その類まれな才能で、映画にも進出。マイケル・ジェイ・ホワイト主演の『Blood and Bone / ブラッド&ボーン 真拳闘魂 (2009) 』の冒頭で、ホワイトとの格闘シーンを熱演。その後はビデオスルー作品に出演するようになる。バイ・リンと共演した2本『Circle of Pain / 日本未公開 (2010)』や『Locked Down (2010)』がある。いずれもTapout協賛。2012年にはあのロック様が主演『スコーピオン・キング』の続編『The Scorpion King 3: Battle for Redemption』にも出演した。

同じような経歴のクィントン・ジャクソンに比べると身長と作品には恵まれていないが、あのヤバい道を潜り抜けてここまで来た感(実際にそうだったし)が好きだった。なんていうか往年のミスターTを彷彿させるキャラクターがあった。だから正直に書くと、リブート版『Aチーム』で見たかったのはキンボだ(髪の毛がないのでモヒカンは無理だが)。ゴツゴツと腕だけで戦っていく渋い映画でもあったら最高だったと想像する。作品さえ恵まれたら、彼は絶対に映画でも活躍していた筈だった。

42歳。あの独特な風貌で映画でも活躍してくれるものだと思っていたので、残念で仕方ない。安らかに。