SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

1982 / 日本未公開 (2013) 1452本目

1982年、貴方は何をしていましたか?生まれていましたか?青春していましたか?それとももう成人していましたか?私は小学生でした。文字通りの鼻たれ小学生。昔から鼻が悪くてね。まだ花粉症ではなかったとは思うけど、鼻炎で常に鼻を垂らしてましたわ。そしてまだ映画にハマる前ですね。1982年と言えば、まだ『フットルース』も『バック・トゥ・ザ・フューチャー』も『ビバリーヒルズ・コップ』も『ポリスアカデミー』も公開される前で、『スタンド・バイ・ミー』ももっと後。この頃何が好きだったかなー。ああ!『オレたちひょうきん族』だ!大好きな「タケちゃんマン 大百科」を熟読していた頃だと思われます。私の小歴史。そんな1982年に皆さまを戻してしまう映画です。小さめの映画祭で公開され賞をいくつか取って、やーーーーーーっとDVD化されました!

1982年フィラデルフィア。近所でコインランドリーを営むティム(ヒル・ハーパー)は妻のシャネイ(シャロン・リール)にはたっぷりな愛情表現でいつも接してきた。ささやかなな生活だけれど苦労もさせず、一人娘マヤ(トロイ・ジー)も聡明で頭のいい女の子に一緒に育ててきた。しかしどことなく妻のシャネイは満たされていないようだった。ある時突然現れたのが、シャネイの昔の彼氏アロンゾ(ウェイン・ブレディ)。娘のマヤは以前に公園でアロンゾに助けて貰った事もあり、アロンゾの事を知っていた。そんなアロンゾがマヤに飴を持ってきたのだ。驚いて外に出るシャネイ。アロンゾは服役を終えたばかりの男。シャネイに小さな包み紙を渡して去っていった。それからシャネイは朝方に帰宅し、しまいには家を出てしまったのだ。アロンゾとティムは面識がなく、シャネイの行方は分からなかった。しかしティムはシャネイが昔中毒者だった事は知っているし、この前シャネイがアロンゾと話しているのを見かけてはいたので、少しの情報からシャネイの行方を探していく。戻ってきたと思えば、お金や物を取っていくばかり。妻の為、そして娘の為に鍵を変えてシャネイを家に入れないと決めたティム。しかしそんな父を娘のマヤは理解できないで居た。そして...

最高でしたわ!そしてこれが劇場公開もされず、DVDの発売まで3年も寝かされていた事への怒り!ね。まだ1970年代の影響が色濃く残っていて、音楽やファッションも70年的。フィラデルフィアが舞台だから、フィリーソウルのスタイリスティックスが効果的に使われていたりします。そして同じフィラデルフィアが舞台の『Creed / クリード チャンプを継ぐ男 (2015)』の時にもツイートしましたけれど、我々は「フィリー・チーズ・ステーキ」と呼んでますが、フィリーではやっぱりただの「チーズ・ステーキ」でしたね。で、今回はどこの店のチーズ・ステーキかという事が、フィリー住民には大事な訳でして...というのがよーく分かりました。『クリード』のビアンカちゃんが好きなのがマックス’ズ・ステーキで、この映画のマヤちゃんが好きなのが有名なジム’ズ・ステーキ。フィリーの人々のこだわり。私は川崎なので川崎大師にお参りに行くと、くずもちは住吉で飴は松屋で買うみたいなこだわりですかね(老舗派)。ちなみにラーメンは現在は天龍のもやしそば一択です(R.I.Pアホ―メン)。

この時代の麻薬の恐ろしさをキッチリと描いております。スパイク・リーの『Jungle Fever / ジャングル・フィーバー (1991)』も名作『New Jack City / ニュー・ジャック・シティ (1991)』も「クラック」と呼ばれるコカインにハマり、ごみ溜めのような所で中毒者が常に蔓延している「クラック・ハウス」の描写が衝撃的でしたよね。この映画の1982年頃の大きな問題点が、そのクラックの蔓延。クラックとはコカインを重曹で混ぜて固めて、それを火で炙って吸引するもの。普通にコカインを鼻で吸引するよりも、効果に即効性があると言われている。また重曹などを混ぜるので、かさ増しが出来るので比較的に安い点などもあって、クラックは伝染病のように浸透していった。本当に簡単に中毒になってしまい、壊れていってしまうのです。そんなクラックからシャネイを救ったものは??お医者さんに夫のティムが言われるんですが、分かってはいるんですが、何も出来ないジレンマみたいのがね苦しい。ティムを演じたヒル・ハーパーから物凄く伝わってくるんですよねー。苦しさが。どうしたらいいのか分からない状況が。見放すのは簡単だけど、娘の母だし、そう簡単には出来ない。何しろ気持ちが...切ない(´・ω・`)、苦しい(´・ω・`)、悲しい(´・ω・`)。ヒル・ハーパーって、こういうインディ映画でいい仕事するよね。とにかく素敵なヒル・ハーパーに惚れてしまう事間違いなしなのです!!根っからの良い人そうなウェイン・ブレディが実は超悪者!っていうパターンは、あのデイブ・シャペルが『シャペル’ズ・ショー』でやっていたネタでしたが、ウェイン・ブレディ本当に悪い!演技上手いよねー。

で、最後の方に衝撃的な物語がありまして... その部分は私も観ていて思わず「えぇええええええーーぇーーー!」っていう声が出てしましました。そりゃないよ(´・ω・`)。

感想やあらすじなどはこちら

(5点満点:3/3/16:DVDにて鑑賞)