SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Black or White / 日本未公開 (2014)

Cast >> Kevin Costner (Elliot Anderson), Octavia Spencer (Rowena), Andre Holland (Reggie), Anthony Mackie (Jeremiah Jeffers), Jillian Estell (Eloise Anderson), Bill Burr (Rick Reynolds), Mpho Koaho (Duvan Araga) ...
Director >> Mike Binder
Writer >> Mike Binder
Producer >> Mike Binder, Kevin Costner, Todd Lewis
Genre >> Drama

総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 3 音楽 >> 4

"How am I supposed to respond?"
エリオット(ケビン・コスナー)は最愛の妻を事故で失った。エリオットのもとには孫のエロイーズ(ジリアン・エステル)が残った。エロイーズの母でエリオットの娘は、エロイーズを産む時に心臓に疾患があり若くして亡くなっている。エロイーズの父レジーアンドレホランド)はアフリカ系アメリカ人で色々な問題を抱えており、エリオットはそんなレジーを憎んでいた。エロイーズを育てていくつもりでいたが、レジーの母でエロイーズの祖母でもあるウィー・ウィー(オクタヴィア・スペンサー)はアルコール問題を抱えているエリオットの下で孫を預けるのは不安だと、甥で弁護士のジェレマイア(アンソニー・マッキー)を使い親権を争う事にした。エリオットも弁護士で、仲間であるレイノルズ(ビル・バー)に頼み、争っていく事になるが...

タイトルのように「ブラックか?ホワイトか?」。ミックスの子供たちのテーマでもあると思う。映画は何というか昔見たハリ・ベリー主演の『Losing Isaiah / 代理人 (1995)』を思い出す。あちらは産みの母親vs育ての母親の親権争いだったが、こちらは祖父vs祖母&父の親権争い。そして黒人対白人。このエリオットという男は決して差別者ではない。人種で人を見る事は決してない。しかしそんなエリオットですら、こういう戦いになってしまうと、人種というファクターを語らされるのだ。そして「どう答えればいいんだ!」となるのだ。これは多くの人が思う率直な意見だと思った。ケビン・コスナーはそんな普通な白人の意見を上手く引き出していた。オクタヴィア・スペンサーと黒人女性の裁判官の表情のやり取りも女性の取引が垣間見られて面白い。ただ作品全体としては、オーソドックスなファミリードラマになってしまった感じはする。

家族ドラマに法廷ドラマに人種間ドラマに...色々詰めすぎてしまった。それ故か?それなのに?か...もう一つパンチがない。ガツーンと来るパンチが無いのだ。

(7/9/15:DVDにて鑑賞)