SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Skin Trade / バトルヒート (2015) 1381本目

やっと見たよ。ちょーーーど良くケーブル会社からビデオオンデマンドの無料券が届きましてね。ラッキーっす!いや、これと『Chocolate City / チョコレート・シティ (2015)』のどっちに使おうかなーと思って調べたら、『Chocolate City』の方は超安かったので、そっちは自腹で、こっちは無料券で見ました。うふ。って見よう見ようと思っていたら、期限のギリギリになっちゃいました。

カンボジアのどかな農園が続くところにポツンとある家から女の子が1人、大きな荷物を抱えて逃げ出した。バスに乗り、中では嬉しそうに何かのパンフレットを見ている女の子。賑やかな繁華街のバス停に着いた女の子。気の良さそうなおじさんが待っていて、その中年男性は女の子の荷物を持ってあげて親切にバンに案内した。バンの中で待っていたのが白人男性。バンの中で飲み物を飲んでいたら意識が朦朧とし、気がついたら知らない場所のベッドの上だった。手と足を繋がれ、無理矢理薬を注射された。刑事のトニー(トニー・ジャー)はその女の子を救った。一方で、ニュージャージーニューアークで刑事をしているニック(ドルフ・ラングレン)。ニュージャージーの湾岸で、人身取引をしているという情報を手に入れた。FBIからリード(マイケル・ジェイ・ホワイト)も来て、セルビアのマフィアのヴィクター・ドラゴヴィック(ロン・パールマン)と一味を追い詰めた。その末にドラゴヴィックの最愛の息子を殺してしまったニック。ニックはヴィクターを捕らえるが、ロシアの市民権を持つヴィクターは難なく自由を手に入れた。そして復讐として家を襲われたニック。ニックは瀕死の状態となるが、愛する愛娘ソフィア(クロエ・バブクック)の行方を追う...

ドルフ・ラングレン最高ぅおおおおぅうう!!っす。ってなる映画。ドルフ、今幾つ?57歳!!!にして、今でも最高の状態っすよね。そのドルフがキレっキレなトニー・ジャーと戦う。もう最高じゃないですか!凸と凹ですよ。パワーとキレの戦いですよ。そこに我らのマイケル・ジェイ・ホワイト師匠が参戦!メガネとスーツ姿。うふ。そしてそして上に名前出しそびれたけど、元祖ロボコップことピーター・ウェラーまで出ちゃってるんだよ!そしてもちろんロン・パールマンもぉー!ヤバイでしょ?もうお腹一杯でしょ?でもドルフvsトニー、トニーvsMJW師匠、ヘルボーイvsドラゴとかが繰り広げられるんですよ!もうみんな頑張っている!!タイのスタントの人も頑張っている!みんな町でドルフに飛ばされてますからね。もう色んなスタントがけが人出なくて良かったわーと関心するくらい頑張っている!!

ってさ、これは脚本も良いね。「死ぬのなんか怖くないんだ、やれよ!」とか「お前がイキロ!」とか、熱い台詞が多いね。ドルフにはもっと脚本も書いてほしいわー。MITはさすがだね。まあドルフが書いているから、ドルフが一番かっこよくなるのは当たり前だね!!トニー・ジャーは今回アクションはもちろんだけど、セクシー部門も頑張っていた。お相手のセリーナ・ジェイドも綺麗。知らなかったけど、小室哲哉のプロデュースで歌も歌っていたんだね。ってお父さんが『死亡の塔』に出ていた(ロイ・ホラン)って凄いねー。

マイケル・ジェイ・ホワイト師匠ファンとしては、正直物足りない。おぉ〜〜のぉ〜〜〜師匠ぉおおお!ってなる。でも、アクション映画としては大満足!こういう渋いアクション映画待ってたよ。最近、大味ばかりだったから。日本酒を熱燗で飲む感じのアクション映画。沁みるねぇ...

日本のオフィシャルサイト

(4.5点/5点満点中:6/30/15:VODにて鑑賞)