SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

End Game / エンドゲーム 大統領最期の日 (2006) (Video)

Cast >> Cuba Gooding Jr. (Alex Thomas), Angie Harmon (Kate Crawford), James Woods (Vaughn Stevens), Patrick Fabian (Brian Martin), Peter Greene (Jack Baldwin), Jack Scalia (The President), Anne Archer (The First Lady), David Selby (Shakey Fuller), Burt Reynolds (General Montgomery) ...
Director >> Andy Cheng
Writer >> J.C. Pollock, Andy Cheng
Producer >> Johnny Martin, David E. Ornston, Richard Salvatore, Tierre Turner
Genre >> Crime
Country >> USA

総合ポイント 3.5点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 3

"Game Day"
アメリカ大統領はいつも行くフットボールの試合ではなく、今回はスピーチの為にファーストレディ(アン・アーチャー)とシークレットサービスのアレックス・トーマス(キューバ・グッティング・ジュニア)と共に車に乗っていた。目的地ではトーマスの上司スティーブンス(ジェームス・ウッズ)がセキュリティの指揮を執っていた。そこに滑り込んでやってきたのが新聞記者のケイト(アンジー・ハーモン)と、見知らぬカメラマンだった。いつものように車から降りる大統領。しかしカメラマンが突然銃を突き出し、大統領めがけて発砲した。止めようとするトーマスだったが、銃弾はトーマスの手をかすめて大統領の胸に命中した。ケイトは大統領暗殺の真相を突き止めようとするも、何者かにつけられていた。トーマスと接触するケイトだが、トーマスは大統領暗殺を止められなかった事で自暴自棄になっており...

キューバ・グッティング・ジュニア主演のDVDスルー作品である。が、ジェームス・ウッズバート・レイノルズが出演しており、中々の重厚感がある作品。政治スリラーとして途中にアクションを挟みながら中々のドラマをテンポ良く作り上げている。が、最後だけがぼんやり。意味や意図は理解できるんだけど、なんだかスッキリ・ハッキリしない最後。最後の最後まで全員胡散臭かったのが良い。故に最後のぼんやり感は意図的であろう。

最後がスッキリしないので好き嫌いがハッキリと分かれる筈である。それにしてもキューバ・グッティング・ジュニアは良い役者だ。最初から何だかスッキリしていない表情であった。終盤でその切なさの意味が分かった。

(5/26/15:DVDにて鑑賞)